<300キロ以上離れた山火事の煙と灰の影響で太陽光が遮られ、ベイエリアは不穏な空模様に> ここは火星? 不気味に赤く暗い空に覆われたのは、9月9日の米カリフォルニア州のベイエリア。 300キロ以上離れた山火事の煙と灰の影響で、日中にもかかわらず太陽光が遮られた。同州の山火事は既に昨年の約20倍の規模に広がり、約8100平方キロが焼失している。 MLBサンフランシスコ・ジャイアンツの本拠地オラクルパーク上空も赤く染まったが、大気の状態に問題はないとして同日夜の試合は予定どおり行われた。 <本誌2020年9月22日号掲載> 【関連記事】米オレゴン州で50万人が避難準備、数十人が行方不明に 山火事被害の拡大続く 【関連記事】24時間で約40度の気温変化に見舞われた米コロラド州 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月22日号(9月15日発売)は「誤解だらけの米中新冷戦」特集。「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う。米中関係史で読み解く新冷戦の本質。 ===== 【関連記事】米オレゴン州で50万人が避難準備、数十人が行方不明に 山火事被害の拡大続く 【関連記事】24時間で約40度の気温変化に見舞われた米コロラド州