ロシアのプーチン大統領は14日、大統領選の不正疑惑が取り沙汰されるベラルーシのルカシェンコ大統領とソチで会談し、ルカシェンコ氏への支持を示すとともに、ベラルーシに15億ドル相当の融資を行うことで合意した。また、ベラルーシ国民は外国勢力の介入を受けずに危機を解決すべきと強調した。プーチン氏は、ルカシェンコ氏が提案している憲法改革案は論理的かつタイムリーと評価。その上で「ベラルーシ国民は外部からの刺激や圧力を受けることなく、対話を通じて冷静にこの状況を整理し、共通の解決策を見いだすことが望ましい」と語った。さらに、軍事面での協力を継続すると表明した。報道によると、ロシアは軍事演習に向け空挺部隊を派遣するという。ルカシェンコ氏は会談後、「まずプーチン氏に感謝を申し上げたい。選挙後にわれわれを支持してくれる全ての人にも感謝したい」と述べた。ベラルーシの首都ミンスクでは13日、ルカシェンコ政権に対する新たな抗議デモが行われ、少なくとも10万人と過去最大級の規模に上った。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・パンデミック後には大規模な騒乱が起こる ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月22日号(9月15日発売)は「誤解だらけの米中新冷戦」特集。「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う。米中関係史で読み解く新冷戦の本質。