「タフキャンプソ−」は大工道具としてイメージするノコギリとは形状が異なり、細めの刃の両端が固定されている形状です。