イスラエル軍は16日、イスラム組織ハマスが支配するパレスチナ自治区ガザからロケット弾15発がイスラエル領内に撃ち込まれたとし、報復としてガザでおよそ10カ所を空爆したと明らかにした。 どちらにも負傷者は報告されていない。 イスラエル軍は声明で、8発のロケット弾を対空防衛システム「アイアンドーム」によって撃ち落としたと指摘した。また空爆の目標は武器・爆発物の製造工場とロケット弾の発射実験と軍事訓練を行われている施設と説明した。 15日にも米ホワイトハウスで行われたイスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)、バーレーンによる国交正常化の調印式に合わせてガザからロケット弾が発射された。南部アシュドッドに着弾し2人が負傷した。 調印式に出席したイスラエルのネタニヤフ首相は記者団に対し、「歴史的な式典の最中にパレスチナのテロリストがイスラエルに発射したことに驚きはない」とコメント。 「彼らは和平を後戻りさせたいのだ。その点で彼らは成功しないだろう」とし、「われわれはわれわれに危害を加えるために手を上げる者に対しては攻撃を加えるだろうし、和平の手をわれわれに差し伸べる者に対しては手を差し出すだろう」と述べた。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・パンデミック後には大規模な騒乱が起こる ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死