<現在、欧州の新型コロナによる一日あたり死亡者数が横這いになっているが、冬に向けての第2波で死者数が増加する、WHOは警告している> ヨーロッパの新型コロナウイルスによる死亡者数は9月15日の時点で22万5900人に近づいている。そして10月、11月には死亡者の数が増加する恐れがある、とWHO(世界保健機関)は警告した。 欧州では感染拡大の第2波に対する恐れは消え去っていない。「厳しい状況になるだろう。10月、11月には、今よりも死者の数が多くなるだろう」と、WHOの欧州担当ディレクター、ハンス・クルーゲ博士は14日にAFPに語った。 クルーゲの警告の翌日にあたる15日にWHOが発表したデータによると、スペイン、イギリス、イタリアを含む欧州諸国の人口100万人当たりの死者数は、アメリカよりも(100万人あたり583.44人)より多い。 100万人当たりの新型コロナウイウルス感染症による死者数のトップ12カ国のうちヨーロッパの国は半分を占める。スペイン、イタリア、イギリス、ベルギー、アンドラ公国(フランスとスペインの間にあるミニ国家)とサンマリノ共和国(イタリアのなかにある小国)だ。 アメリカは世界で最も死者数が多いが、人口100万人あたりの死者数では、南米(ペルー、ブラジル、チリ、ボリビア、エクアドル)の5カ国を含む11カ国よりも少ない。 8月から死者数は上昇 アメリカでは1日あたりの死者数の7日平均が4月下旬から7月上旬にかけて減少し、8月上旬からゆっくりと増加に転じた。人口統計の専門サイト、ワールドメーターがまとめたデータによると、9月以降の1日の平均死亡者数は、ほぼ減少している。 100万人当たりの新型コロナウイルスによる死者が多い国 (WHO、9月15日時点) サンマリノ: 1237.55人 ペルー: 931.34人 ベルギー: 856.37人 アンドラ: 685.95人 スペイン: 636.23人 ボリビア: 629.14人 チリ: 628.42人 ブラジル: 619.24人 エクアドル: 619.05人 イギリス: 613.2人 イタリア: 588.97人 アメリカ: 583.44人 アメリカ(赤線)とヨーロッパ(青線)の新規感染者数はもうすぐ逆転する勢い ===== 欧州連合(EU)の中で100万人当たりの死者数が最も多いのはベルギーで、スペイン、イギリス、イタリアが続く。 ワールドメーターがまとめたデータによると、ベルギーの1日の死亡者数の7日平均は4月中旬にピークに達してその後減少し、7月初旬から9月上旬にかけて横這いになった。イタリアとイギリスも同様で、10月以降の第2波が恐れられている。 WHOの報告によると、ヨーロッパの100万人当たり死者数は1万1749.88人で最も多く、次はアメリカ大陸(9538.1人)、東地中海(1558.3人)、アフリカ(1162.84人)、西太平洋(315.69人)、東南アジア(195.14人)と続く。 スタティスタによる以下のグラフは、新型コロナウイルスが世界中に広がった様子を示している。 ジョンズ・ホプキンス大学の最新の報告によると、15日の時点で全世界の新型コロナウイルスの感染者数は累計で2930万人を超えた。そのうち92万9300人が死亡、1990万人近くが回復した。 下の図は、WHOの最新データに基づいてスタティスタが作成したアメリカの州ごとの感染者数を示している。 (翻訳:栗原紀子) <参考記事>「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった <参考記事>水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月22日号(9月15日発売)は「誤解だらけの米中新冷戦」特集。「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う。米中関係史で読み解く新冷戦の本質。