台湾国防部(国防省)は17日、中国の対潜哨戒機2機が16日に台湾の防空識別圏に入り、台湾空軍が識別圏から出るよう警告したと明らかにした。17日には米国のクラック国務次官(経済成長・エネルギー・環境担当)が台湾入りする予定だ。 中国軍は台湾周辺の空海域で活動を活発化させており、台湾は繰り返し非難している。 中国は台湾の南西沖で先週2日間にわたって実施した軍事演習について、中国の主権を守るために「必要な行動」だったと説明している。 台湾国防部によると、中国の対潜哨戒機2機は先週の軍事演習と同様に台湾南西の防空識別圏を飛行し、台湾側は識別圏から出るよう無線を通じて口頭で警告。台湾空軍が中国軍2機を監視したという。 17日に台湾入りするクラック米国務次官の訪問に、中国は反発をいっそう強める可能性が高い。 8月にアザー米厚生長官が訪台した際には、中国軍の戦闘機が台湾海峡の中間線を越えて一時台湾と側に入った。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路 ・世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ   ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月22日号(9月15日発売)は「誤解だらけの米中新冷戦」特集。「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う。米中関係史で読み解く新冷戦の本質。