<新型コロナウイルス感染症が、米国人のメンタルヘルスにどのような影響を及ぼしているかについて調べ、若者の4人に1人は過去30日間で真剣に自殺を考えたというショッキングな結果となった...... > 若者の4人に1人は真剣に自殺を考えた 新型コロナウイルス感染症のパンデミック(世界的大流行)が、米国の若者の心に大きな影を落としている。米疾病対策センター(CDC)がこのほど発表した調査では、若者の4人に1人は過去30日間で真剣に自殺を考えたというショッキングな結果となった。 さらには、銃規制を訴える非営利団体エブリィタウン・フォー・ガン・セイフティが行った調査では、ここ数年の間に銃を使用しての自殺が若者の間で急増していることも明らかになった。新型コロナウイルスの流行以来、米国では銃の購入が急増しており、若者の自殺防止により一層取り組む必要がありそうだ。 CDCの調査は、新型コロナウイルス感染症が、米国人のメンタルヘルスにどのような影響を及ぼしているかについて調べたもの。米国に在住する18歳以上の男女1万人弱を対象に、今年6月24~30日にかけてオンライン調査を実施し、これに応じた5412人の回答を分析した。 米国では3月から外出禁止令が実施されたが、この影響がメンタルの健康面にかなり強く出ていると考えられている。調査に回答した人の40.9%が、メンタル面の悪化や問題行動を自覚していると答えた。これには、不安障害やうつ障害の症状があるといった回答の他、ストレスや不安に対処するために薬物を摂取し始めたり量を増やしたりといったものが含まれる。 さらに、過去30日以内に真剣に自殺を考えたと答えた人の割合は10.7%に達した。若者の世代(18~24歳)だけで見ると、この割合は25.5%と倍以上になった。4人に1人が、5~6月の1カ月間で真剣に自殺を考えたことになる。 青年心理学者のリサ・ダモー博士は米公共ラジオ局ナショナル・パブリック・ラジオ(NPR)に対し、成長段階にある十代の子たちにとっては、定期的に友達と触れ合うことや、家族以外の大人(教師、コーチなど)との関係を維持することが非常に大切だと指摘。パンデミックの措置としての隔離生活からの影響で、こうしたことができなくなってしまった現状を非常に憂慮している、と述べた。 10~14歳の銃での自殺は213%増 エブリィタウン・フォー・ガン・セイフティによると、若者の自殺率は2007年から毎年増えており、現在は記録的な高さになっている。同団体はまた、新型コロナウイルスが引き起こす病気そのものよりも、流行拡大からの影響が若者の生活に深刻な影を落としていると説明する。不安感や孤独感が増し、自殺のリスクを高めているのだ。 ===== 若者の自殺は、コロナ拡大前にすでに米国で大きな問題になっていた。CDCが9月11日に発表した、2000~2018年の米国における若者(10~24歳)の自殺率を調べた、先ほどとは別の調査によると、若者の自殺は2007年から2018年の約10年間で57.4%増加した。 とりわけ銃を使っての自殺はここ10年間で56%増加しており、これを10~14歳に限定すると213%の増加となる。2014~2018年では、年間3000人の若者(10~24歳)が、銃を使用して自殺したことになる。 しかしエブリィタウン・フォー・ガン・セイフティもCDCも、自殺率に関する数値は2018年までだ。6月に行われたCDCの調査から判断して、新型コロナウイルスの影響で自殺者が増えるのではないかと懸念されている。 コロナで銃売上増 新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受けて、米国では銃を購入する人が増えている。米ニューヨーク・タイムズは4月、3月だけで200万丁が購入されたと報じていた。これまでの銃の販売最多記録は、サンディフック小学校銃乱射事件が起きた2012年12月の翌月に当たる2013年1月だったが、今年3月の記録はこれに次ぐ数字となった。エブリィタウン・フォー・ガン・セイフティによると、今年3~8月で購入された銃の数は1180万丁に達している。 こうした状況で、いかにして銃を保管するかが、子どもたちの自殺の防止にかかっている、とエブリィタウン・フォー・ガン・セイフティは訴えている。 カーソン・エベレットさん(17)はNPRに対し、自殺未遂をしようとしたときのことを打ち明けた。親が銃を鍵をかけて保管していたことで、実際に実行せずに済んだと思うと話す。前述のダモー博士は、十代の子どもは衝動的になりがちであるため、銃を自宅に保管しないか、鍵をかけておくことが大切だと話している。 同博士はまたNPRに対し、学校がバーチャルでしか授業を提供していない状態の場合、親は子どもがスポーツやアルバイト、ボランティア活動などに安全に参加出来る方法を考えて、人と交流できる機会を作るべきだと助言している。