<ナイジェリアでは、ロックダウン以降、レイプ件数が3倍に跳ね上がった。このためカドゥナ州で性犯罪が厳罰化された......> カドゥナ州で性犯罪者は去勢のうえ死刑または終身刑に アフリカ最大の国ナイジェリアのカドゥナ州でこのほど、レイプが厳罰化され、有罪となった場合は、去勢(睾丸または卵管を摘除)された上に死刑または終身刑となることになった。同州知事が9月11日に署名し、即日施行された。 ナイジェリアでは新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、3月下旬から大都市で外出禁止措置(ロックダウン)が取られた(現在も夜間は外出禁止となっている)。具体的な数字は発表されていないものの、政府筋はロックダウン以降、レイプ件数が3倍に跳ね上がったとしている。AP通信によるとポーリン・タレン女性問題担当相は、ロックダウンにより、女性と子どもが暴力をふるう人物と共に家庭内に閉じ込められていることが原因だと説明している。 こうした状況を受けて、ナイジェリア国内に36ある州のすべての知事は6月、女性と子どもに対する「ジェンダーに基づく暴力」とレイプについて非常事態を宣言。性犯罪により厳しく対応する意向を明らかにした。 今回のカドゥナ州の決定は、このときの宣言を受けたものとなる。被害者が14歳未満のレイプで有罪になった場合、去勢手術の上で死刑が執行される。被害者が14歳以上の場合は、去勢手術の上で終身刑だ。 米ニューヨーク・タイムズ(NYT)は、2005年の研究を引用する形で、性犯罪を常習的に犯す人物が去勢された場合、再犯のリスクが下がることが示されていると報じた。とはいえ、カドゥナ州のケースでは有罪が確定すると死刑となるため、なぜその前に去勢するかは不明だと同紙は指摘している。 刑罰としての去勢には反対意見も 英スカイニュースによると、今回決定したカドゥナ州のレイプに対する刑罰は、ナイジェリア国内ではもっとも厳しいものとなる。これまで同州では、成人をレイプした場合は最長で禁錮21年、未成年が被害者の場合は終身刑だった。 しかしカドゥナ州の決定に疑問の声も上がっている。この決定を知らせるカドゥナ州知事のツイートに対し、「こうした措置は、拷問や精神的無能力(刑事責任が問えない状態)による誤った自白が原因の冤罪だった場合、取り返しが付かない。(略)野蛮な懲罰は正義ではない」との意見も寄せられている。 また弁護士であり人権活動家でもあるチディ・オディンカル氏はNYTに対し、この法律の施行により、性犯罪を減らすのはさらに難しくなるだろうと述べた。 というのも、前述の通りナイジェリアではレイプの多くは家庭内で起きている。そのため、今回のような去勢が伴う刑罰になると、家族の罪を通報しにくくなるのではないかとオディンカル氏は説明している。同氏は、終身刑で十分だとの考えを示し、去勢は「サディズム的な法律だ」と述べた。 ===== 犯罪抑止効果や人権問題など 性犯罪の刑罰として去勢を導入している国は他にもある。NYTによると、チェコでは暴力的な性犯罪者に対し、自由意思(刑罰としての強制ではなく)で去勢手術を受ける選択肢を与えているという。また米国の複数の州でも、化学的去勢(男性ホルモンであるテストステロンを薬物で低下させるもので、効果は永続的なものではない)を行う法律がある。 米国アラバマ州は昨年、13歳未満の子どもに性犯罪を犯した者に対して、化学的去勢を行う決定をした。その際、スティーブ・ハースト・アラバマ州議員は地元メディアに対し、「子どもに一生の傷を負わせるのなら、犯人も一生の傷を負うべき」だとして、化学的去勢ではなく手術による去勢の方が良かったと述べていた。 とはいえ、ナイジェリアのカドゥナ州での決定同様、性犯罪の刑罰としての去勢には他国でも反対意見が少なくない。たとえば、人権侵害だとする考えだ。モルドバの憲法裁判所は2012年、小児性愛の犯罪者に対して化学的去勢を行うのは、基本的人権の侵害だとして、化学的去勢を禁止する判決を下している(ロイター通信)。 インドネシアでは2016年、14歳の少女が集団レイプされ殺害された事件を受けて、小児性愛で有罪となった場合、化学的去勢、終身刑、死刑などと、より厳しく罰する法律を可決させた。この際も、人権団体などが「暴力で暴力を止めることはできない」や「化学的去勢で子どもを対象とした性犯罪は減っていない」などとして反対していた(英BBC)。 司法精神医学者のルネー・ソランティーノ博士はアラバマ州が化学的去勢を決定した当時、米ニュースメディアのヴォックスに対し、どの性犯罪者に対しても化学的去勢が効果があるわけではないと話していた。 ソランティーノ博士によると、子どもに対する性犯罪にはさまざまな理由があり、小児性愛はその一つに過ぎない。そのため同博士は、化学的に男性ホルモンを減らすだけでは、一部の性犯罪にしか効果がないと指摘。治療や医学的評価を合わせるべきだとの考えを示している。