<パンデミックを受け、世界各国で多くの企業が医療従事者や患者、市民を支援する活動に乗り出した。ここでは6社の活動を取り上げる> 新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)は医療、経済、教育など幅広い分野に打撃を与えている。この非常事態を受けて多くの企業が、最前線で奮闘する医療関係者や患者、生活に打撃を受けた市民を支援する活動に乗り出した。 9月29日号「コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50」特集では、コカ・コーラからファイザー、AT&Tまで代表的な50社を本誌がピックアップし、その活動を分野別にまとめて紹介する。 本記事では、50社の中から6社を選んで取り上げる。 ◇ ◇ ◇ メルセデス・ベンツ ■シュツットガルト(ドイツ) 世界最速を目指すメルセデスのF1チームが、最速の人工呼吸器開発レースに参戦。イギリスを拠点とする同社F1チームは、ライバル6チームと協力し、新たに低侵襲の人工呼吸器を開発した。 呼吸器不足に対応すべく1日1000台を生産予定で、仕様は広く公開。F1のスピード感、プロトタイプ製造、組み立ての強みをフルに生かした。 モンベル ■大阪(日本) アウトドア用品メーカーのモンベルは、これまで東日本大震災やネパール大地震など国内外で多くの災害支援活動を行ってきた。今回のコロナ禍でも日本各地の医療現場を中心に6万着以上の個人防護服や約4万個のフェイスシールドなどを提供。 個人防護服の一部は同社が来年に生産予定のスリーピングバッグ(寝袋)カバーに使われる素材を応用したもので、試作では辰野勇会長自らミシンを踏んだ。 医療機関との試行錯誤を重ねて完成した個人防護服は、1人で素早く簡単に着脱できる機能性を持つ。「機能美」「軽量と迅速」を掲げる商品開発のコンセプトは、社会貢献にも生きている。 コカ・コーラ ■ジョージア州(アメリカ) 清涼飲料大手で言わずと知れたグローバル企業のコカ・コーラはこれまでにも、コカ・コーラ財団を設立して社会貢献に取り組んできた。 今年は75カ国を超える国々の新型コロナウイルスと戦う組織に対し、総額5300万ドル以上の助成金と寄付金を拠出。感染爆発が深刻なイタリアでは救急車の購入資金を提供し、日本では支援団体を通じて生活困窮者に対する寄付を行っている。 【関連記事】本気の社会貢献「グッドカンパニー」の時代が来た、コロナで何が変わったか ===== UBER ウーバー ■カリフォルニア州(アメリカ) 配車サービスのウーバーは、医療従事者や高齢者などに配車と食品配達サービス1000万回分を無料で提供すると発表。そのうち10万回分は、貧困家庭に食事の配達が必要な学区と、貧困家庭に食事を届ける青少年組織を対象にする。 ウーバーはまた、食品配達サービスのウーバー・イーツを通じてアメリカとカナダのファーストレスポンダー(救急隊員や警察官、消防士など事故や災害の初期対応に携わる人々)と医療従事者に30万食を寄付した。 クロックス ■コロラド州(アメリカ) クロックスは世界中の医療従事者にクロックス・サンダルを86万足以上(4000万ドル相当)無償で提供した。これには、病院や医療機関150カ所に直接寄付した10万足が含まれる。 クロックス・サンダルは、新型コロナウイルスの感染拡大以前から長時間の立ち仕事が余儀なくされる飲食や医療業界などで広く活用されてきた。 ソースネクスト ■カリフォルニア州(アメリカ) AI通訳機ポケトークを発売するソースネクスト(日本)の米子会社が、医療機関やファーストレスポンダー(事故や災害の初期対応をする人々)、検査機関などにポケトーク850台を寄付した。 <2020年9月29日号「コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50」特集より抜粋> ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月29日号(9月23日発売)は「コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50」特集。利益も上げる世界と日本の「良き企業」50社[PLUS]進撃のBTS ===== メルセデス・ベンツの人工呼吸器はF1チームが開発 Mercedes-AMG Petronas Formula One Team-YouTube