<世界にはまだ埋もれた気温の記録がある。それを発掘すれば、温暖化の真のトレンドが見つかるかもしれない> 世界気象機関(WMO)は、約30年前に記録された-69.6℃が「北半球で記録された過去最低気温」だと認定した。 英国王立気象学会論文誌Quality Journal of the Royal Meteorological Societyに発表された検証結果によれば、この気温は1991年12月22日、グリーンランド氷床(南極大陸に次いで世界で2番目に大きな氷の塊)の頂上部近くに設置された自動気象観測システムが観測したものだ。 WMO気象気候アーカイブ委員会の「気候調査官」による調査の結果、観測から約30年を経てようやくこの記録が明らかになった。 気候調査官たちは、これまで長年見過ごされてきた気象データの分析・検証作業を行うのが任務で、今回のように時折、新たな記録を発見・公表している。 今度約3000メートルのところに設置されているグリーンランド氷床上の気象観測所は、WMOが世界の気象極値(最高・最低気温など観測値の両極端の値)の評価を始めるよりも前の1990年代前半に設置され、稼働していた。 これまでの「過去最低」を約2℃下回る 調査官たちは、かつてこの気象観測所の責任者だった複数の科学者(ウィスコンシン大学マディソン校)を見つけ出し、当時使われていた観測装置や観測方法を分析。さらに1991年12月の気象条件についても分析した上で、今回の「記録」を認定した。 WMOの極端気象・気候現象報告者であるランドール・チェルベニーは、声明で次のように述べた。「今回の調査は、今の気候科学者たちが現代の気候記録を確認できるだけでなく、過去の重要な気候記録を見つけ出し、質の高い長期的な気候記録を作成して、気候変動の影響を受けやすい地域のために役立てる能力があることを示している」 新たに認定された気温は、これまで過去最低と認定されていた気温を2℃近く下回る。これまでの過去最低記録は、ロシアのベルホヤンスク(1892年2月)とオイミャコン(1933年1月)に観測された-67.8℃だった。ちなみに世界最低記録は、1983年7月21日に南極のボストーク観測基地で観測された-89.2℃だ。 ===== 北極圏に位置するシベリアの町ベルホヤンスクは今年、熱波が長引き気温が38℃に達したことが、世界中で大きく報じられた。WMOでは現在、この気温が北極圏の過去最高記録に認定されるかどうかを検証中だ。 WMOのペッテリ・ターラス事務局長は声明の中で、「気候変動が進んでいる今の時代、これまでの記録を更新する最高気温に大きな注目が集まっている。今回認定された最低気温の記録は、地球上に際立って対照的なものがあることを再認識させる重要なものだ」と述べた。 「新たに記録が認定されたことは、気候科学者や気象歴史家たちの献身のお陰で、今では古い記録の多くを調べることができ、過去のものも含む極端な気象事象についての理解を深めることができることを示している」 <参考記事>過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる <参考記事>カリフォルニア州デスバレーで54.4℃ 世界最高記録の可能性 ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます9月29日号(9月23日発売)は「コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50」特集。利益も上げる世界と日本の「良き企業」50社[PLUS]進撃のBTS