ロイターの集計によると、米国の新型コロナウイルス感染者が24日、700万人を突破した。世界の感染者の20%強を占める。米中西部の大半の州で今月に入って感染者が急増している。 同国では新型コロナ感染症による死者が22日に累計で20万人を突破したばかり。国別で最多となっている。 州別で累計感染者数が最も多いのはカリフォルニアで、80万人を超えている。テキサス、フロリダ、ニューヨークがこれに続く。 米国の感染者数は世界で最も多い。2位はインドの570万人、3位はブラジルの460万人。 米国では1日当たりの新規感染者数が足元で平均4万人に上る。米国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長はこれまでに、10月にインフルエンザの流行期に入る前に、1日当たりの新規感染者が1万人以下まで減ることが望ましいと述べている。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・パンデミック後には大規模な騒乱が起こる ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死