スペインのイラ保健相は25日、新型コロナウイルス感染急拡大を受け、首都マドリードで実施されている一部地区の部分的なロックダウン(都市封鎖)を首都全域に拡大することを推奨した。 マドリードは感染が急拡大している地区を中心に、45の保健地区で部分的なロックダウン措置を導入。首都の人口670万人のうち、100万人が影響を受けている。 新たなロックダウン措置の下では、住民はマドリードから外に出ることはできないが、通勤・通学は可能。レストランやバーは午後10時に営業終了が義務付けられるが、適用されるのは45保健地区のみとなる。 マドリード工科大学の調査によると、今週は移動制限を受けている人の85%以上が域外に通勤。有識者の間では措置の効果に対する疑念も出ている。 スペインは3月から5月にかけてロックダウン措置を導入。6月21日には制限措置を完全に解除した。ただこのところ感染は急拡大しており、25日時点の感染者数の累計は71万6481人と、前日から1万2272人増加した。感染による死者数は3万1000人を超えている。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・パンデミック後には大規模な騒乱が起こる ・ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死