米紙ニューヨーク・タイムズは27日、トランプ大統領が過去15年のうち10年間も所得税を納めておらず、ここ数年の連邦税納付額も極めて少なかったと報じた。税金還付書類によると、数億ドル規模の課税所得を得ていたものの、事業損失との損益通算を行ったためという。 報道によると、同大統領の2016年と2017年の連邦税納付額はそれぞれ、わずか750ドル。また、2018年までにテレビ番組の出演料などで4億2740万ドルの収入を得ていたにもかかわらず、過去15年のうち10年間は所得税を納めていなかった。 2018年の申告所得額は少なくとも4億3490万ドルに上る。一方、4740万ドルの損失を計上したという。 同大統領はこの報道を「完全なフェイクニュース」だと否定。代理人が同紙に送付した声明では、過去10年間、同大統領は数百万ドルの所得税を納付しているとした。 同大統領はこれまで、大統領候補としての慣例に反し、一貫して納税額の公表を拒否している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず ・中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?