英紙タイムズは27日、新型コロナウイルス感染の第2波封じ込めに向け、政府が同国北部の大部分とロンドンでのロックダウン(都市封鎖)を検討していると報じた。 報道によると、検討中の対策では、飲食店に対し2週間の営業停止を求めるほか、屋内での集会が無期限に制限される。ただ、学校や店舗、在宅勤務が不可能な職場の営業は許可される。 英政府は先週、国民に対し可能な限り在宅勤務を行うよう求め、飲食店にも営業時間の短縮を要請する新たな感染抑制策を導入したばかり。ジョンソン首相は、全国的なロックダウンには否定的な見解を示していた。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・パンデミック後には大規模な騒乱が起こる ・日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散