<北朝鮮はフロートを償却したのか、それとも射殺した男をフロートごと償却したのか、うやむやでは治らない韓国人の怒り> 北朝鮮は9月27日、同国の領海で射殺された韓国政府職員の遺体捜索を行う韓国に対し、領海に入らないよう警告した。 韓国の海洋水産省に所属するその男性職員は、9月24日、北朝鮮側の海域を漂流しているところを同国軍に発見されて射殺されたと、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。職員の氏名は公表されていないが、南北軍事境界線近くの海域で漁船の監視船で働いていたという。 韓国軍は、男性職員を射殺したあとに遺体を焼いたとして北朝鮮軍を非難したが、北朝鮮はこれを否定している。韓国は現在、現場付近で男性の遺体を捜索中だ。 北朝鮮の国営通信社、朝鮮中央通信が9月27日に報じたところによると、北朝鮮政府は声明を発表し、韓国による捜索活動は南北の緊張をさらに高めかねないと警告している。 朝鮮中央通信によれば、北朝鮮政府は声明で、「われわれはいかなる領海侵犯をも許さない。韓国に対して真剣に警告する」と述べた。「韓国に対し、西海(黄海)の軍事境界線を越えて北朝鮮側に侵入することを直ちにやめるよう求める。そうした行為は緊張を高めかねない」 「別の恐ろしい事態を招くぞ」 北朝鮮側は、韓国による捜索活動は「われわれのしかるべき警戒心をかき立て、別の恐ろしい事態を招く可能性がある」と警告を発した。韓国の朝鮮日報によると韓国当局は、行方不明になっている男性職員の捜索活動に船舶39隻と航空機6機を投じているという。 男性職員の殺害を受け、北朝鮮の朝鮮労働党委員長である金正恩は異例の謝罪を行った。韓国大統領府の国家安保室長、徐薫(ソ・フン)の発表によると、金は事件について「大変申し訳ない」と伝えたとされている。 金は9月25日、韓国の文在寅大統領に親書を送り、銃撃は「予想外」であり「遺憾」だと述べた。 AP通信が報じた通知文の説明によると、北朝鮮軍は、「浮遊用の器具(フロート)」につかまって漂流している男性を発見した。しかし、質問に答えようとしなかったため空砲を発砲。その後、逃げようとした男性に向けて実弾を10発射撃したという。 北朝鮮側は、発砲後に軍がフロートに近づいたところ、血痕はあったものの、男性の姿は確認できなかったとしている。そのうえで、自国の定める新型コロナウイルス安全対策に従い、そのフロートを焼却したという。 ===== 韓国の徐旭(ソ・ウク)国防部長官は9月24日、国会の国防委員会に出席し、銃殺された男性職員は北朝鮮に亡命しようとしていた可能性があることを明かした。徐はさらに、男性は乗っていた船に靴を残し、ライフジャケットを着けたうえで海に入り、フロートにつかまったと述べた。 韓国政府は、北朝鮮の「蛮行」を非難し、責任者を処罰するよう求めている。文は、今回の事件について弱腰だと批判を浴びている。それに対し文は9月28日、国民が受けた「衝撃と怒り」について、「理由のいかんを問わず」申し訳なく思うと述べ、国民を守ることが政府の責務であると語った。 一方で文は、今回の事件について北朝鮮と共同で真相解明に取り組むことで、ここ数カ月間で悪化していた両国の協力関係が向上することを期待しているとも語った。「今回の事件の解明をきっかけにして、両国が対話を再開し、協力の糸口を見つけられることを願っている」 (翻訳:ガリレオ) <参考記事>北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風 <参考記事>韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます10月6日号(9月29日発売)は「感染症vs国家」特集。新型コロナに最も正しく対応した国は? 各国の成功例と失敗例に学ぶ。