<ネット先進国の韓国は、ネット犯罪の闇も深い。その闇に引きずり込まれた者がさらなる闇を生み出した> 奴隷と呼ばれる女性の性搾取や幼児ポルノなどの映像を掲載した「n番部屋事件」が韓国社会を震撼させ、犯人の身辺情報公開を求める声が高まっていた今年3月、韓国のネット上に突如「デジタル刑務所」というサイトが誕生した。 韓国メディアの報道によると、このデジタル刑務所運営者の一人は、自身の親戚が「n番部屋事件」の被害者だったと語り、性犯罪に対する刑罰が軽すぎることに反対するため「デジタル刑務所」を始めたと主張しているという。 この「デジタル刑務所」というサイトは、個人情報を晒す私刑サイトだ。殺人などの重刑犯や性犯罪者、幼児虐待者、n番部屋利用者などを中心に、犯罪者の顔写真はもちろん、罪名、裁判過程、住所、携帯番号、音声、メールアドレス、ネット利用時のID等にいたるまであらゆる個人情報を公開している。個人で運営しており海外にサーバーを置いているため、運営者を特定するのが難しく、また1期・2期と運営者は複数いるとされている。 えん罪が次々と発覚 そして、このサイトをめぐって被害者が出てしまった。警察によると、9月5日韓国の名門大学の1つ高麗大学に在学中の男性が自殺したと発表した。調べによると、9月3日デジタル刑務所にこの男子学生の顔写真、学校、専攻、携帯電話番号など個人情報が公開されていたことが分かり、それが原因で自殺したと言われている。 この学生についてデジタル刑務所側は、「男子学生が"知人陵辱"した」と掲載している。"知人陵辱"とは知人の顔をわいせつな写真と合成して、インターネット上に流布する行為だ。 男子学生の情報がデジタル刑務所にアップロードされると、男性は高麗大学の学生専用コミュニティ掲示板に「デジタル刑務所に載っている写真と電話番号、名前は私だ。ただその外のすべての情報は決して事実ではない」と主張を書き込み、その後自ら命を絶ってしまった。 えん罪の被害者はこの学生だけではなかった。他にも、数名が無実なのにもかかわらず虚偽情報を掲載される被害にあっている。そのうちの一人、格闘技選手キム・ドユン選手は、今年7月に性犯罪の犯人として個人情報流布されてしまった。後に、デジタル刑務所側がこれは誤った情報だったと謝罪文を掲載したが、キム選手の元には今でも誹謗中傷のメッセージが届いているという。 また、カトリック系医科大学に勤務するチェ・ジョンホ教授もえん罪被害者の一人だ。今年6月、デジタル刑務所の加害者リストに、チェ教授がn番部屋へ送ったとされるメッセージ画像と、個人情報が掲載された。 チェ教授はすぐに警察に通報し、サイバー警察に携帯を提出してすべてのデータ分析調査を依頼して、無実を訴えた。2カ月掛けて、ようやくチェ教授の潔白が証明されサイト運営側も謝罪文を掲載したが、その間の被害は相当なものだったという。 ===== インターポール経由で運営者を逮捕 このようにデジタル刑務所によるえん罪被害が増えだしたことを受けて、大邱警察庁サイバー捜査隊は、警察庁からの指示で強制捜査に取り掛かった。大邱警察庁は、サイト運営者が海外に滞在していることを突き止め、8月31日警察庁外事捜査課を通じてインターポールに捜査協力を要請した。 そして、9月22日ベトナムのホーチミンで30代の韓国人男性A容疑者を検挙した。A容疑者は、事件被疑者の個人情報と裁判所宣告結果などを、運営中のサイトへ無断で掲示した疑いで検挙された。韓国送還後は、引き続き共犯調査が行われる予定である。 A容疑者の逮捕に引き続き、24日韓国放送通信審議委員会は、会議にて「表現の自由は最大限保護しなければならないが、現行の司法体系の不正・悪用を許容してはいけない」とし、デジタル刑務所サイトに対する接続遮断を決定を発表した。 さらに、「サイトに対する常時モニタリングを続け、海外サーバーサービス提供業者に協力を要請するなど、不法情報の再流通を防ぐために努力する計画だ」と声明を出した。 次々とアドレスを変更しながら生き延びる ところが、その翌25日には、なんと「デジタル刑務所」のツイッターアカウントが開設され、新たなサイトのアドレスがツイートされている。そこからリンク先に飛ぶと、新たなアドレスに引っ越ししたサイトが表示され、今でも個人情報が誰でも見ることができる。 また「接続遮断された場合の利用方法」などの説明も詳しく掲載されており、今後また遮断要請があったとしても、新しくサイトを作り、ツイッターで新アドレスを告知して情報提供していくと記されている。 デジタル刑務所側は、サイト遮断に屈せず、韓国放送通信審議委員会と真っ向から対立する構えのようだ。 デジタル刑務所がオープンした当初は、運営者が「n番部屋事件」の管理人だったソン・ジョンウ容疑者の身辺情報をインスタグラムに掲載したものだったという。その後、インスタグラムのフォロワー数を伸ばし、6月に「デジタル刑務所」サイトを開設、他の性犯罪者などの公開を始めたそうだ。 性犯罪者への罪が軽いのではないかという意見は、韓国だけでなく日本でもこれまで何度も議論されてきた。このデジタル刑務所の運営者も開始当初は、自分のことを正義の味方と信じて活動を始めたのかもしれない。 自分や家族が性犯罪の被害者だったらと考えると、情報を公開し、社会的に罰せられて欲しいと願う気持ちも分らなくもないが、しかし、現代のネット社会ではデジタルタトゥーという言葉があるように、一度拡散してしまった情報は取り返しのつかないことになってしまう。正しく判断できる能力がない者が、罪を裁くまねごとをするなら、また次のえん罪を引き起こしてしまうのではないだろうか。 ===== デジタル刑務所、その実態は 韓国メディアが伝えるデジタル刑務所の実態 JTBC News / YouTube