NTTは29日、NTTドコモの完全子会社化に向け、株式公開買い付け(TOB)を実施すると発表した。買い付け価格は1株3900円で、総額4兆2540億円。ドコモ株は上場廃止となる見込み。 買い付け期間は30日から11月16日まで。買い付け予定数は10億9089万6056株、下限は1468万6300株。 買い付け資金として、三菱UFJ銀、三井住友銀、みずほ銀、農林中央金庫、三井住友信託、日本政策投資銀から総額4兆3000億円の枠内で借り入れを実施する。 NTTの澤田純社長は、ドコモの完全子会社化について、ドコモの競争力強化と成長が目的だと説明した。 NTTドコモは公開買い付けの成立を条件に、期末配当予想を無配に修正する。12月1日付で吉澤和弘社長が退任し、井伊基之副社長が社長に昇格する。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首相の「デジタル化」大号令 ・ビルボードHOT100首位獲得したBTS、韓国政府は兵役免除させるのか