<人獣共通ウイルスの宿主として知られるコウモリや齧歯類を中国から大量に輸入しているのはアメリカだ。それも多くの場合、装飾用などくだらない目的のために野生動物が売買されている> アメリカは2010年から2014年にかけて、少なくとも3万個体分に相当するコウモリやその身体の一部を中国から輸入した。自然保護に取り組む非営利団体、生物多様性センター(CBD)が本誌に対して明らかにした。 CBDは、米魚類野生生物局(FWS)のデータを分析した調査報告書のなかで、「きわめて大規模な」野生生物売買の実態を明らかにし、そうした売買が世界規模のパンデミックのリスクを高めていると指摘している。 この報告書では、データが入手可能な直近の5年間にあたる2010年から2014年にかけて、アメリカが全部で2300万点近いコウモリ、霊長類、齧歯類、それらの身体の一部、標本、およびそうした動物からつくられた製品を輸入したことが明らかにされている。 この期間にアメリカは、全世界から9万6000点を超えるコウモリおよびその一部を輸入した。これには、生体と死体、骨格、頭骨のほか、宝飾品や食肉、皮、狩猟の賞品として販売されたものが含まれる。 報告書によれば、輸入コウモリの半数以上は科学研究を目的としたものだが、「商品としての用途」が僅差の2位につけ、そのあとに生物医学研究の用途が続く。商用のほとんどは、死骸、骨格、頭骨として輸入されており、大多数は、アクリル樹脂ブロックに封入されたペーパーウェイトなどの「装飾」品として売られている。 「こうした商品は、教育用品、スチームパンク/ゴス風の装飾物、一般的な骨董品として販売されており、アマゾンやイーベイ、無名のオンラインストアに至るあらゆる場所のほか、展示会やその他の国内販売業者を通じて消費者に売られている」と、報告書にはある。 ウイルスの有名宿主ばかり アメリカは同時期に、200万点を超える霊長類と2070万点を超える齧歯類も輸入した。 齧歯類、コウモリ、霊長類は、現在知られている世界の人獣共通ウイルス(動物から人間に伝染する病原体)の75%の宿主だ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)を含む最近の感染症の多くは、コウモリが発生源になった可能性がある。 CBDによれば、これらの野生動物の売買は、新たな人獣共通感染症が発生する絶好の条件を生み出しているという。 「こうした輸入品に対するアメリカの飽くなき欲求は、野生動物を絶滅させ、感染症を生み出している」。CBDの国際法務責任者で報告書の著者でもあるターニャ・サネリブはそう述べる。「コウモリ、霊長類、齧歯類はすばらしい動物だが、自然界では病気を宿している。人間がそうした動物たちを売買したり生息環境を破壊するかたちで搾取すると、その動物の病気が人間に感染する場合がある」 ===== アメリカが輸入するコウモリと霊長類の最大の供給源になっているのが、新型コロナウイルスの発生地とされる中国だ。全体として見ると、アメリカの輸入は、世界の野生生物市場のおよそ20%を占めている。 「特に懸念されるのは、そうした輸入された野生生物製品の多くが、くだらない商品であることだ」とサネリブは本誌に述べた。「われわれはコウモリを使ったペーパーウェイトやちょっとした装飾品のために、動物を野生から引き離し、さらなるパンデミックのリスクを高めている」 「この輸入実態を見れば、新型コロナウイルスのパンデミックに関して、アメリカが他国を責められる立場にないのは明らかだ。私たちは、人獣共通感染症の危険と、野生動物の絶滅のリスクを抑制するために役割を果たさなければならない。その手始めが、この破壊的な野生生物の輸入を終わらせることだ。自然を搾取し続ければ必ず良くない影響がある」 報告書の著者らによれば、野生動物やその製品に対するアメリカの商業的な需要は、全世界における野生生物の搾取と売買を促進する最大要因のひとつになっているという。 「野生生物の売買は、動物種にストレスを与えながら、普通なら近くにいない動物種同士を接触させることにつながる。そうすることで、新たな感染症が出現して人間に感染する絶好の条件を生み出している」と、著者らは報告書に書いている。 (翻訳:ガリレオ) <参考記事>新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない <参考記事>新型コロナウイルスを媒介したかもしれない「センザンコウ」って何? ※画像をクリックするとアマゾンに飛びます10月6日号(9月29日発売)は「感染症vs国家」特集。新型コロナに最も正しく対応した国は? 各国の成功例と失敗例に学ぶ。