米娯楽大手ウォルト・ディズニーは29日、テーマパーク部門で約2万8000人を削減すると発表した。 削減人員の約3分の2は、パートタイム従業員という。 ディズニーは、新型コロナウイルス影響で休園していた各国のテーマパークを段階的に再開している。ただ、感染予防のため入園者数を制限している。 同社幹部は声明で、パークス・エクスペリエンス・プロダクツ部門で人員削減に着手するという非常に難しい決定をしたと説明した。 また、新型コロナウイルス感染状況の今後が見通せないことや、カリフォルニア州当局がディズニーランド再開を可能にする規制解除に積極的でないことに言及した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ ・パンデミック後には大規模な騒乱が起こる ・日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散