アメリカ・カリフォルニア州の絶滅危惧種法が新たにジョシュアツリーを保護対象に加えました。今後1年かけてリスク調査を行い、調査期間中はジョシュアツリーを開発による伐採から保護するという内容だそうです。