今回ご紹介する「Human-God Interfaces(人と神のインターフェース)」はそんなカトリック教会のミサを一気に21世紀へ引き上げようという試みで、総勢11名の学生が協力し合ってさまざまな「聖なるオブジェクト」を開発しています。