新型コロナウイルスに感染したトランプ米大統領の病状を巡って情報が交錯する中、入院中のトランプ氏自身が3日、ツイッターに動画を投稿した。大統領は「ずっと良くなった」と強調し、早期の復帰に意欲を示した。その上で、今後の数日間が正念場になると語った。 トランプ氏は、入院先のウォルター・リード軍医療センターの病室で撮った4分間の動画で、病院に到着した時は気分があまり優れなかったと説明した上で、今後数日間が正念場になると語った。 トランプ氏の容体については、順調に回復しているという説明から今後48時間が重要という説明まで、医師やホワイトハウス当局者から異なるコメントが出ていた。 トランプ氏の医師団は3日朝、トランプ氏の容体は回復していると述べ、退院してホワイトハウスに戻ることをトランプ氏が既に話していると説明した。医師の1人はトランプ氏から「今日にもここから歩いて出られそうだ」と言われたことを明らかにした。 一方、マーク・メドウズ大統領首席補佐官は記者団に対して、トランプ氏の容体について、より慎重な見方を示していた。メドウズ氏は大統領の過去24時間の状態は非常に懸念されるとし、今後48時間が重要になるとの認識を示し、回復に向けた明確な軌道には乗っていないと説明した。 ただ、その数時間後にはロイターに対して、大統領の体調は「非常に良好だ」と述べ、医師団も喜んでいるとコメントした。 新型コロナウイルスの感染が確認されたトランプ氏は2日、入院した。関係筋によると、トランプ氏は入院前に酸素吸入を行っていた。呼吸が困難になり、酸素レベルが低下していたという。 大統領の主治医シェーン・コンリー氏は3日、病院の前で会見し、トランプ氏は呼吸困難には陥っておらず、ウォルター・リード病院で酸素吸入はしていないと説明した。 コンリー氏は「チームと私は、大統領の回復状況に非常に満足している」と語った。ただ、退院について具体的な日程は明らかにしなかった。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます