スウェーデンの王立科学アカデミーは6日、2020年ノーベル物理学賞をブラックホールの研究で成果を上げた英国のロジャー・ペンローズ氏とドイツのラインハルト・ゲンツェル氏、米国のアンドレア・ゲズ氏に授与すると発表した。 英オックスフォード大教授のペンローズ氏はブラックホールがアインシュタインの一般相対性理論に基づいて形成されることを数学的手法を用いて証明。マックス・プランク研究所と米カリフォルニア大バークリー校に務めるゲンツェル氏と、同大ロサンゼルス校のゲズ氏は銀河系の中心部の星周辺に目に見えない非常に重い物体が存在することを発見した。賞金1000万クローナ(110万ドル)の半分はペンローズ氏に、残りは他の2人に分配される。 ゲズ氏は物理学賞を受賞する女性として4人目。1903年のマリー・キュリー氏、63年のマリア・ゲッパート=メイヤー氏、2018年のドナ・ストリックランド氏に続く。ゲズ氏は他の人たちの励みになることを望むと話した。 アインシュタインは1915年に説いた一般相対性理論で、重力の力で時空間が歪むと予測。ただアインシュタイン自身、ブラックホールを信じておらず、科学者はその後半世紀にわたりその存在を証明する方法を探究した。現在89歳のペンローズ氏は1965年に公表した研究論文でブラックホールが実際に形成されることを証明。詳細を説明したほか、ブラックホールの中心に時間と空間が存在しないという考えを示した。 その後、ブラックホールを探す研究は「いて座Aスター」と呼ばれる天の川銀河の領域に存在するちりに焦点が当てられた。ゲンツェル氏とゲズ氏が率いる天文学者チームは星の動きを観察し、太陽の約400万倍の質量が太陽系ほどの規模の領域に詰まっているとの結論を導き出した。 長期化する新型コロナウイルス危機を受け、今年のノーベル賞は恒例の祝賀会の大半が中止される。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます