<退院直後の動画を見た専門家は「肺の機能に問題あり」と断言> 新型コロナウイルスに勝ったとばかり、「勝利宣言」をしながら、苦しげに肩で息をするドナルド・トランプ米大統領。ネット上で話題になった動画を見た複数の専門家が、どう見ても肺が正常に機能しているとは思えないと、本誌に語った。 トランプは10月1日に受けた新型コロナウイルス感染症の検査で陽性と分かり(当初は公表せず)、翌2日に首都ワシントン郊外のウォルター・リード国立軍医療センターに入院した。そして週明けの5日には早くも退院してホワイトハウスに戻ると、バルコニーに立ってマスクを外し、親指を立てる得意のゼスチャーをして、凱旋将軍よろしく敬礼をして見せた。 退院前のツイートでも「とても気分がいい」、「20年前より元気だ!」と回復ぶりをアピールしたが、健康不安は否めない。 5日に行われた記者会見で、トランプの主治医ショーン・コンリーは歯切れの悪い口ぶりだった。トランプは「まだ完全に危機を脱していないかもしれない」が、容体は「改善し続けている」というのだ。 この日に本誌が複数の専門家に確認したところ、最初に症状が出てから7〜10日の状態が回復に向けた重要な目安になるという。その頃に一気に容体が悪化することがあるためだ。 息苦しさは明らか 記者会見でコンリーは、大統領の体温が平熱に戻ってから72時間以上経過しており、血中酸素濃度も呼吸も正常だと主張した。 だがソーシャルメディアでは、退院は無謀だとのコメントが飛び交った。連邦下院議員のテッド・リウも見るからに苦しげなトランプの動画をツイッターに投稿した。「トランプはツイッターでウイルスの猛威を軽く見せようとしたが、この8秒間の動画で、その努力が吹き飛んだ。この動画では、彼は息を切らしてあえいでいる。このウイルスがどれほど呼吸を困難にし、肺にダメージをもたらすか、これを見て多くのアメリカ人が痛感したはずだ」 If a picture is worth a thousand words, what about a video? This 8 second video destroys all attempts by @realDonaldTrump to downplay the virus because it shows him gasping for air.Many Americans are now visually seeing how the virus causes breathing difficulties & lung damage. https://t.co/6SuysTBCsZ— Ted Lieu (@tedlieu) October 6, 2020 心血管と肺の疾患を専門とするニューヨークの臨床医ノア・グリーンスパンはこの動画について、「これは、私が考える正常な、全く(無理のない)呼吸とは明らかに違う」と、本誌にメールでコメントした。 グリーンスパンによれば、トランプは8秒間に3回呼吸しており、1分間では22.5回することになる。正常な呼吸は1分間に12〜20回とされる。 「本人が隠したくても、もろに出てしまった重要な兆候は、明らかに呼吸補助筋を使っていることだ」と、グリースパンは指摘する。それによれば、健康な人が呼吸補助筋を使うのは激しい運動をしたときだけで、通常は主に横隔膜の収縮で肺に空気を吸い込む。トランプのように、ただ立っているだけで、肩が激しく上下動するようなことはない。 ===== 「この動画では、大統領は横隔膜だけでなく、胸、背中、肩の筋肉を使っている。これは健康な人が激しい運動をしたときか、体調の悪い人によく見られる呼吸だ」 こうした呼吸は、慢性閉塞性肺疾患(COPD)など、ある種の呼吸器疾患の特徴でもあり、「新型コロナウイルス感染症の急性期の患者、症状が長期化した患者の両方によく見られる特徴であることは間違いない」と、グリースパンは説明する。 テキサス大学保健科学センターのステファニー・レバイン教授は、「その人の通常の呼吸パターンよりも速く荒い呼吸は、新型コロナウイルス感染症の診断と一致する症状と見ていい」と本誌に述べた。 こうした呼吸パターンは新型コロナウイルスに関連した肺炎を疑わせると、レバインは見る。肺にウイルスが入ると、通常は診断後4、5日で肺炎を発症するが、肺のスキャン画像を見ないと確実なことは言えないという。 5日の記者会見でトランプには肺炎の兆候があったのかと聞かれて、主治医のコンリーは標準的な画像診断を行なったが、自分の立場では詳しいことは言えないと答えた。スキャンの結果を意図的に伏せているのかと記者にたたみかけられると、患者のプライバシーを保護する法律の規定で、医療者には守秘義務があるからだと突っぱねた。 認知機能の低下も 翌日に発表された声明でコンリーは、ホワイトハウスに戻った最初の夜、大統領の体調は安定しており、症状は全く出なかったと強調した。血中酸素濃度は95〜97%で正常とみなせるという。 これについて本誌はホワイトハウスにコメントを求めている。 今後も長期にわたってトランプが後遺症に悩まされる可能性はないのか。ボストン医療センターの感染症専門医カサンドラ・ピエールによると、考えられる後遺症としては、息切れ、呼吸器疾患、疲労感、認知機能の低下などがある。 「ただ断っておくが、トランプはまだ回復したわけではない」と、ピエールは釘を刺した。「今も感染しているし、他人に感染させるリスクもある。今後症状がもっとひどくなり、まともに国の舵取りをする能力がさらに低下することも十分あり得る」 ===== If a picture is worth a thousand words, what about a video? This 8 second video destroys all attempts by @realDonaldTrump to downplay the virus because it shows him gasping for air.Many Americans are now visually seeing how the virus causes breathing difficulties & lung damage. https://t.co/6SuysTBCsZ— Ted Lieu (@tedlieu) October 6, 2020