走っていると次第にタイヤの空気が減ってゆく自転車。普通なら家や自転車屋さんで、または携帯用の空気入れで充填をしますが…現在KICKSTARTERでクラファンを行っている「CHOKA」という自転車のフレームは、ダウンチューブ内に予備の空気を溜めておき、パンクや空気が減ったときなどにホースを伸ばして、タイヤに空気を流し込むようになっています。