<痛々しい動物の姿に多くの人が胸を痛め、回復を願って募金を送ったのだが──> SNSが世の中に浸透し、自分のメッセージを一瞬にして世界中にシェアすることができるようになった。最近では、クラウドファンディングなどで投稿した人の気持ちに共感した人たちが、オンラインを通じ手軽に募金も行えるようになり、困っている人の助けにもなっている。 しかし、便利な世の中になると、残念ながらそれらを悪用しようとする人も増えてくる。先日、韓国のあるSNS投稿から動物を使った募金詐欺が発覚し、波紋を広げている。 9月8日、ある動物愛護センターが、インスタグラムに犬の手術治療費募金の呼びかけを始めた。そこには「道ではねられた犬を保護した。しかし、動物病院の治療費が払えず困っている。助けて欲しい」という説明とともに、治療を受けながら横たわる犬の写真が投稿されていた。 その2日後の10日には、「息も絶え絶えで、容態はあまり良くない」と投稿され、このインスタグラムを見た多くの愛犬家たちは、犬の手術費用にと送金を始めた。たった数日間で集まった金額は、609万ウォン(約60万円)にものぼったという。しかし、翌日11日には、「前日の夜に犬が亡くなってしまった」という悲報が写真と共に投稿された。 予想以上の募金が集まってしまい...... ところが、この犬は救助された8日の午後1時57分に動物病院に運び込まれ、夕方5時過ぎには既に亡くなっていた、という事実が発覚した。動物愛護センターは、既に亡くなった犬の姿を写真に撮り、あたかも生きているように演出して募金活動を続けていたのだ。 その後、動物愛護センター側は「思いのほか多額の募金が集まったため、センター内の他の犬たちの治療費に充てようと嘘をついてしまった」と、事実を認めている。動物愛護センターでは、治療が必要な犬を動物病院に入院させたものの、完治後もお金が払えず退院できないままの犬がいる経済状態だったとし、現在募金は、送金者の元へ返金を開始しているという。 動物愛護活動のユーチューバーの実態は 動物を利用した募金詐欺が注目を集めたのは今回が初めてではない。今年の5月8日、韓国大統領府のウェブサイトにある国民請願掲示板に「詐欺、動物虐待をしたユーチューバー"ガプス牧場"の獣医大除籍を要求する」という請願が投稿された。 "ガプス牧場"は、現役獣医大生が配信している動物系ユーチューブチャンネルだ。野良犬や野良猫を保護し、里親を見つけるまでを追った動画配信で、フォロワー数も50万人を超えるほどの人気があり、多くのサポーターたちが動物を助けるために募金も行っていたという。 ===== 募金した人たちが集団訴訟へ ところが国民請願に投稿された内容を読むと、動画の中で保護したとされる野良猫はすべて、撮影用にペットショップなどで購入した猫であったという。また演出のため、動物にエサを与えず痩せさせたり、危害を加えたりしたことなどが指摘され、さらにチャンネル動画の中でも人気のあったマスコット犬・ジョルグちゃんの場合、撮影以外の時間は狭いゲージの中に閉じ込められていたという。 また、請願者は「ハムスターを撮影用に購入したが、その後猫たちに噛まれて殺してしまった後、何度か同じ種類のハムスターを買い足している」とし、「このような人物が獣医師になってはならない。動物やその飼い主たちのためにも獣医大からの除籍を要求する」と主張している。 この請願が投稿された4日後には、集団告訴サイト「화난사람들(怒れる人達)」に、「ガプス牧場募金詐欺の告訴人募集」ページがアップされ、これまでかかわった人や募金を行った人たちを集め集団訴訟しようという活動が開始された。 その後、この人びとは、ガプス牧場相手に詐欺と横領、動物保護法違反などで警察に訴状を提出し、ガプス牧場のチャンネルは現在閉鎖されている。 「安楽死行わない」保護センター、募金の使い道は このように韓国での動物愛護センターは、個人や民間が活動していることが多い。その中でも規模が大きく、マスコミにもたびたび取り上げられていた有名な動物愛護センター「Care」が、昨年3月に警察に事情聴取された事件は衝撃だった。 「Care」は2011年以降「安楽死を絶対に実行していない」と主張する"NO Killシェルター"として有名だった。「保護した動物は、たとえ里親が見つからなくても最後まで面倒を見る」と言い続け、その精神に賛同した多くの人たちが募金を続けていた。 しかし、去年内部告発によって2015年から200頭以上の数多くの動物たちが安楽死させられていた事実が明らかになった。韓国のニュースでも大きく取り上げられ、その後保守系市民団体である自由連帯や、自由大韓保国団などが続いて警察に告訴状を提出する事態となった。 センター代表者であり、マスコミにも多く出演していたパク・ソヨン氏は、警察の取り調べに対し「過去に安楽死せざるを得ない健康状態の動物がいた」ことを認め、「No killは嘘だった」と発言した。 これまでセンターを支援してきた人たちは、動物の保護に使ってもらおうと募金したのに、そのお金が動物たちを安楽死させるための薬に使用されていたのだ。この事実を知ったときのショックはどれほどだっただろう。これはまさしく、親切心を利用した悪質な詐欺である。 その後、動物愛護センター「Care」はセンター代表を交代し、以前の50%の規模で運営中だ。今現在600頭の保護動物を飼育しているという。 募金詐欺が本当の募金の障害に 可愛い動物は注目を集めやすく、彼らが辛い状況にあると分ると同情心から助けたくなる。しかし、世の中にはその親切心を利用して、嘘をでっちあげ悪事を働こうとする人も少なからず存在する。 先日、筆者もあるSNSコミュニティーで、飼い猫の癌手術費用募金の呼びかけを目にした。同じ愛猫家として少額ながら募金しようかと考えた瞬間、この募金詐欺ニュースが頭をよぎり、躊躇してしまった。あの猫は本当に存在するのだろうか? 本当に手術が必要な猫だったのだろうか......。 SNSが発達し、救助が必要な動物たちに手を差し伸べる人たちが増え、手軽に援助できる世の中になるのは素晴らしいことだ。今後は、募金や真実の透明性がもっと明るみになるよう工夫され、本当に困っている動物やその保護者を助けられる仕組みになるよう期待している。 ===== SNSによる募金詐欺の実態とは 募金詐欺を行った動物愛護センターは「治療が必要な犬を動物病院に入院させたものの、完治後もお金が払えず退院できないままの犬がいる経済状態だった」と釈明しているが......。 KBS News / YouTube