トランプ米大統領とメラニア夫人の新型コロナウイルス感染が判明した後、息子のバロン君(14)も検査で陽性と判定されていたことが分かった。メラニア夫人が14日、声明で明らかにした。 バロン君に症状はなく、その後の検査で夫人とともに陰性と判定されたという。 メラニア夫人は、自身の症状は「最小限」とし、できるだけ早期に大統領夫人としての職務に復帰する意欲を示した。 「体の痛みや咳、頭痛があり、強い倦怠感を感じることが多かった」とした上で、治療に関しては「ビタミンや健康食などより自然な方法を選んだ」と述べた。 今月2日に感染を公表し、米軍医療施設に3日間入院したトランプ大統領は、リジェネロン・ファーマシューティカルズが開発中の抗体カクテルや、ギリアド・サイエンシズの抗ウイルス薬「レムデシビル」のほか、ステロイド薬「デキサメタゾン」を治療で使用した。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・強行退院したトランプが直面する「ウィズ・コロナ選挙戦」の難題 ・巨大クルーズ船の密室で横行する性暴力