ロシア当局は14日、2種類目の新型コロナウイルス感染症ワクチンを承認した。承認されたのは国立ウイルス学・生物工学研究センターが開発したワクチン「エピワクコロナ」で、先月に初期臨床試験(治験)を完了。ただ、結果はまだ公表されておらず、第3相臨床試験は開始されていない。 プーチン大統領は国営テレビで「第1弾と第2弾のワクチン生産を増やす必要がある」と指摘。「引き続き提携国と協力し、ロシア製ワクチンを海外に推奨していく」と述べた。 ロシアでは8月、ガマレーヤ疫学微生物研究所が開発したワクチン「スプートニクV」が第3相臨床試験前に承認された。 タス通信によると、エピワクコロナの第3相臨床試験は11月か12月に開始される可能性が高いという。 ロシアの新型コロナ感染者は累計134万人以上で、米国、インド、ブラジルに続き世界4番目の多さとなっている。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・強行退院したトランプが直面する「ウィズ・コロナ選挙戦」の難題 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ