<バイデンは中国に弱腰の印象だからいや、しかし米国からの武器購入も支持できない複雑な情勢> 台湾市民は米大統領選についてどのような考えを持っているのか。9月に実施された世論調査では、回答者の60%近くがドナルド・トランプ現大統領を「信用できない」と回答。だが一方で、民主党のジョー・バイデン候補が勝利するよりもトランプが再選された方が、台湾にとっては利益になると考えていることが分かった。 どちらの候補が勝利するかの予想でも、台湾市民が軍配を上げたのはトランプの方だった。トランプ勝利を予想した人は全体の49.1%。これに対して、バイデンが勝利しトランプの再選を阻むと予想した人はわずか23.7%だった。 台湾のニュースサイト「フォルモサ(Formosa)」と総合誌「遠見雑誌」が9月に実施したこの世論調査は、主に蔡英文総統による米国産牛肉・豚肉の輸入規制緩和計画に重点を置いた内容だったが、中台間の緊張に関する質問も含まれていた。 フォルモサは9月23日から24日にかけて、20歳(台湾の選挙権年齢)以上の1070人を対象に、コンピューターシステムを利用した電話調査を実施。遠見雑誌も同じ調査方法を用いて、9月17日から20日にかけて1102人を対象に調査を実施した。 武器購入「支持」は4割以下 遠見雑誌の調査では、台湾と中国の間で全面戦争が勃発した場合でも、アメリカによる介入を期待すると回答した人は22.3%のみ。過半数の54.2%が、中国政府との和平交渉の道を選んだ。 20~29歳の回答者では、半数以上が蔡政権によるアメリカからの武器購入を支持すると表明。だが回答者全体では、台湾がアメリカから購入した武器で軍備強化を行う必要があると考えている人は39.1%にとどまり、51.6%の回答者は、その資金をインフラ整備に回した方が有益だという考えだった。 国防費に関する回答がどっちつかずだった一方で、台湾海峡で軍事衝突が勃発した場合については、アメリカが台湾を支援してくれると予想している人が回答者の57.7%、日本が支援してくれると予想している人が45.9%にのぼったと遠見雑誌は報告している。 フォルモサの調査では、トランプ米大統領を信用している台湾市民が25.2%しかいないという結果が示された。回答者の59.2%が「トランプは信用できない」と回答。「わからない」と答えた人は15.5%だった。 トランプの信用度を疑う傾向がある一方で、遠見雑誌の調査では、トランプの再選は台湾の利益になると考えている人が回答者の53%にのぼった。一方でバイデンが大統領になった方が台湾にとって都合がいいと回答した人は、回答者のわずか16.4%だった。 ===== カリフォルニア大学アーバイン校の博士号取得候補者で、国立台湾大学社会学部の客員研究員であるレブ・ナックマンは本誌に、これらの世論調査結果は、平均的な台湾市民が米台関係の性質を予想以上に理解していることを示唆していると語った。 「全体として台湾の人々は、トランプは信用できる人物ではないかもしれないが、台湾にとっては彼の再選が利益になると理解している」と彼は語った。「トランプ政権は台湾に好意的で、これには超党派の合意がある」 蔡が先日、米タイム誌が選ぶ「世界で最も影響力のある100人」の一人に選ばれた時も、推薦文を寄せたのは共和党のテッド・クルーズ上院議員だった。 ナックマンはさらに、「バイデンはバラク・オバマ前大統領の下で中国に甘かったという印象があるが、今は当時とは時代が違う。バイデン陣営も、当時とは違う政策を打ち出している」と指摘した。「11月の大統領選は、親台派の大統領か、それとも非親台派の大統領かという選択ではない。親台派の2人の大統領候補のうち、どちらを選ぶかだ」 ただし、もしバイデンが勝利した場合、米政府と台湾政府にとっては未知の領域が待ち受けることになる。民主党の米大統領と、民主進歩党(民進党)の台湾総統の組み合わせは、今まで経験がないからだ。 「これまで民主党の米大統領の在任中に、台湾で民進党の指導者が統治を行っていたことは一度もない。いつも民進党の台湾総統と共和党の米大統領、あるいは国民党の総統と民主党の大統領のどちらかの組み合わせだった」