フランス当局は16日、パリ北西の郊外コンフランサントノリーヌで中学校の歴史教師が男に刃物で襲われ、死亡したと発表した。死亡した教師は表現の自由を扱う公民の授業の一環として、イスラム教徒が冒涜的と見なす預言者ムハンマドの風刺画を生徒に見せていたという。 容疑者は駆け付けた警察官によって射殺された。 現場を訪れたマクロン大統領は記者団に対し、「われわれの同胞の一人がきょう暗殺された。彼が表現の自由について風刺画を教えていたからだ」とし、イスラム教徒によるテロ攻撃の犠牲になったと述べた。 警察関係者によると、容疑者は「アラーは偉大なり」と叫びながら刃物で教師の首を複数回刺したという。 フランスの放送局BFMTVは、容疑者はモスクワ出身の18歳と報じた。 事件現場は教師が勤務していた中学校前の通りだった。 フランスでは9月、2015年に襲撃事件が発生したパリの風刺週刊紙「シャルリエブド」の元本社前で、男女2人が大型の刃物で襲われ負傷する事件が発生していた。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・パリ刃物襲撃で2人負傷、シャルリエブド元本社前 テロ容疑で7人を拘束、捜査 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ