<米アカデミー作品賞に人種やセクシャリティでの多様性が必要とされる時代、メディアを彩るのは若者だけではない> 今月2日、アメリカの経済誌フォーブスが発表した「この1年間で、世界で一番稼いだ女優」ランキングの1位は、ソフィア・ベルガラだった。2019年6月から2020年6月までで、なんと4300万ドル(約45億4千万円)を稼いだのだという。 ソフィアは72年生まれの48歳だ。人気ドラマ『モダン・ファミリー』のラテン系セクシーママ役と言ったらピンと来る人もいるかもしれない。ちなみに、「世界で二番目に稼いだ女優」にランクインしたアンジェリーナ・ジョリーも、75年生まれの45歳である。 今、世界ではオーバー45、そしてアラフィフ女優たちが大活躍しているのだ。 アラフィフ女優が活躍する韓国エンタ お隣の国、韓国でも、去年頃から熟年女優たちの活躍が目覚ましい。昨年11月、韓国の人気ラッパーであり、K-POP男性アイドルグループBlock Bのリーダーでもあるジコの新曲『Being left(남겨짐에 대해」』のミュージックビデオに、当時55歳のベテラン女優ぺ・ジョンオクがキャスティングされて話題となった。 ぺ・ジョンオクは、女優としてデビュー後、35年間のキャリアの中でドラマや映画、舞台など100本ちかい作品に出演してきたがミュージックビデオは主演どころか、出演すら初めてのことだったという。ZICOは後にインタビューで「ただ、彼女しか頭に浮かばなかった」と、この曲のキャスティングについて語っている。 大ヒットしたあのドラマにも 今年は、第3次韓国ドラマブームと言われるほど、多くの話題作が登場した。特に、ネットフリックスなどのOTT(ネット配信サービス)配信の後押しもあり、韓国ドラマが様々な言語で翻訳されて、世界各地で大ブームを起こしている。 そんな韓国ドラマ界でも、ここ最近アラフィフ女優の活躍が目覚ましい。今年、最終回視聴率が28.4%と、驚異的な数字を叩き出し、韓国の非地上波の歴代最高視聴率記録を塗り替えたドラマ『夫婦の世界』。このドラマの主人公を演じたキム・ヒエは、1967年生まれの53歳だ。夫の不倫や仲間の裏切りに復讐する、頭のキレる女医役を見事に演じ話題となった。 さらに、去年社会現象を巻き起こしたドラマ『SKYキャッスル〜上流階級の妻たち〜』の主人公、ハン・ソジン役を演じたヨム・ジョンアも1972年の48歳である。話題作の主人公にアラフィフ女優たちが次々とキャスティングされている。 ===== もちろん、現在放送中のドラマでも多くのアラフィフ女優が活躍している。なかでも話題作といえば、9月19日から放送開始され、初回放送から23.3%の高視聴率を記録したKBSの週末ホームドラマ『オー!サムグァンビラ』。この作品に出演中のチョン・インファは1965年生まれの54歳だ。夫と死別後、家政婦として働きながら3人の子供たちを育て上げた強い母親役を演じている。 アラフィフ女優が活躍する韓国エンタ 韓国バラエティー番組でも80〜90年代に活躍していたベテラン女優・タレントたちが復活し、テレビで活躍し始めている。MBCの人気バラエティー番組 『何して遊ぶ?(놀면 뭐하니?)』から誕生したガールズアイドルグループ「払戻遠征隊」のメンバーのひとりオム・ジョンファは、1969年生まれの51歳である。 オム・ジョンファといえば、50代とは思えない美しさとスタイルを維持、またスタイリッシュなファッションで有名な歌手だ。「払戻遠征隊」のその他のメンバー3人、イ・ヒョリ(40代)、ジェシー(30代)、K-POPグループMAMAMOOのメンバーのファサ(20代)と並んでも、見劣りしないかっこ良さで人気を集めている。 視聴者の好みの多様化が背景に KBSで放送中のリアリティー番組 『パク・ウォンスクの一緒に住もう(박원숙의 같이삽시다)』の出演者は、平均年齢68歳だ。ベテラン女優パク・ウォンスクをはじめ、現在独身の歌手や女優たちが、韓国の田舎で同居生活をする姿を追った番組である。一時期テレビから姿を消していたベテラン芸能人が、また復活しバラエティーで素の部分を見せる様子がウケているようだ。 テレビ番組は、コンセプトがはっきりしているため、視聴者のターゲットを絞りやすく、その世代に合わせてキャスティングしている様子がよくわかる。ただし、そればかりでは他の世代から見放されてしまう。 韓国のテレビ業界では、同世代からの共感を得つつも、他の世代を置いてきぼりにせず、支持されるような内容や、ベテランと若手の女優・タレント・歌手たちをバランスよく配置し、お茶の間に届けようとしている。 ===== 高齢者世代でも「女性」として活躍 エンターテイメントの本場・欧米諸国では、どのような動きがあるのだろうか。冒頭に書いたように、ハリウッドのアラフィフ女優たちの活躍は目覚ましく、何十億という高額の出演料を稼ぐ欧米女優達は、これまでもたくさん報道されてきた。 一方で、去年頃から新たな流れとして、アラフィフのさらに上、60~70代女優たちが活躍する素晴らしい作品が増え始めている。 2019年のトロント国際映画祭で初上映されたカナダ映画『And the Birds Rained Down』では、70代の女性たちのベッドシーンが描かれ話題となった。この作品を紹介したニューヨークタイムズ紙は、「監督は70代女優の裸体を見せながら、憐憫や気まずさのような感情を(観客に)抱かせない」と、年齢を重ねた裸体をそのままを映し出したこのシーンを評価する記事を報じている。 67歳のイザベル・ユペールもトップレスシーンに挑戦 フランスの女優であるイザベル・ユペールは、1953年生まれの67歳だ。2017年には、映画『エルELLE』で、第89回アカデミー賞主演女優賞にもノミネートされた実力派ベテラン女優である。 今年4月に日本でも公開されたイザベル主演の映画『ポルトガル、夏の終わり』では、上半身裸のトップレスシーンを好演し話題を集めた。「ベッドシーンは若い俳優たちのもの」という常識はすでに崩れつつあるのだろう。 同じような年代の俳優を使い回し似たような作品ばかり作っていては、薄っぺらな作品の束にしかならない。性別や人種など、ここ数年多様性を重視するようになってきたエンターテインメント業界だが、これから「年齢の多様性」という部分にも注目していきたい。 ===== イザベル・ユベール、60代でも女性の魅力 イザベル・ユベールがトップレスシーンに挑戦した『ポルトガル、夏の終わり』 GAGA / YouTube [ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・強行退院したトランプが直面する「ウィズ・コロナ選挙戦」の難題 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ