ニトリホールディングスは21日、ホームセンター大手の島忠の買収を検討しているとの一部報道について「島忠も含め、M&Aを通じた成長の可能性を日々検討しているが、現時点で決定している事実はない」とのコメントを発表した。今後、開示すべき事実を決定した場合には速やかに公表するとしている。 島忠も「具体的な提案は受領しておらず、また、決定している事項もない」とし、開示すべき事項が生じた場合は速やかに公表するとのコメントを発表した。 日本経済新聞などは20日、ニトリホールディングスが島忠の買収を検討していると報じた。島忠に対しては同業大手のDCMホールディングスが完全子会社化に向けて株式公開買い付け(TOB)を実施中で、異例の買収提案になるという。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・中国共産党化する日本政治 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ