<「頻繁かつ大規模な集会」を「スーパースプレッダー・イベント」だと警告したクオモ州知事に対し、正統派ユダヤ教徒は不当な攻撃だと主張> 米ニューヨーク市で新型コロナウイルスに関する新たな規制が導入されたのに伴い、正統派ユダヤ教徒の住民らが抗議の声を上げている。規制の影響を受ける地区の多くが、彼らの居住地と重なるためだ。 クオモ州知事は10月初め、同市ブルックリン地区やクイーンズ地区などを「ホットスポット」に特定。各地区をカテゴリー分けして集会や礼拝の人数、ビジネスや学校の活動に制限を設けると発表した。正統派ユダヤ教徒の「頻繁かつ大規模な集会」は「スーパースプレッダー・イベント」だとも警告。ニューヨークでは6月半ば以降横ばいだった新規感染者数が、9月後半から再び増加に転じている。 だがユダヤ人住民は、正統派ユダヤ教徒が不当に攻撃されていると主張し、規制に反発。マスクの山を燃やすなどの抗議行動を行っている。 同市のユダヤ人居住地は昨年、麻疹(はしか)流行の中心地にもなった。予防接種の拒否とイスラエルからの感染持ち込みが原因とみられる。 <2020年10月27日号掲載> ===== 正統派ユダヤ教徒の抗議に加勢するトランプ支持者(ニューヨーク市ブルックリン区)