<冷たい水の中での水泳が、認知症などの神経変性疾患の発症を遅らせる可能性があることが分かった......> 「低温ショックタンパク質」が鍵 英ケンブリッジ大学の研究者らが行った研究で、冷たい水の中での水泳が、認知症などの神経変性疾患の発症を遅らせる可能性があることが分かった。冷水の中で泳ぐことで、低温ショックタンパク質(RBM3)が体内に生成され、これが認知症の発症を遅らせると考えられている。 英公共放送BBCや英紙インディペンデントなどが報じた。BBCによると、この研究はオンラインで公開されているものの、医学誌などでは未発表だという。 今回の研究は、英国認知症研究所の拠点のうちケンブリッジ大学にあるセンターのディレクターを務める、ジオヴァナ・マルッチ教授が率いるチームが行ったもの。まだ研究段階としては初期であるものの、認知症の治療の一助になるのではないかと期待されている。 なおケンブリッジ大学の認知症研究チームは2015年、マウスを使った実験を行い、低体温になったマウスからRBM3が検出されたことや、そうしたマウスではシナプス(神経細胞間の結合部)が再建されたことを発見していた。 寒中水泳を楽しむスイマーの協力を得て 今回の研究のきっかけは、マルッチ教授がBBCラジオ4の番組『トゥデイ』に出演したことだった。番組中で同教授は、人間の体でRBM3がどんな役割を果たすのかテストしてみたいが、倫理的なガイドラインがあるため、人を超低体温にする許可を得るのは非常に難しい、と話していた。 これを知ったスイマーのグループが、マルッチ教授に協力すると名乗り出たのだ。彼らが泳いでいたのは、北ロンドンにある屋外プール「パーラメント・ヒル・リド」で、冬季も温水にはならない。そこで、マルッチ教授らの研究者チームは2016年、2017年、2018年の冬の間、冷水の中で泳ぐスイマーたちを観察した。 スイマーの血中にあるRBM3の濃度を調べたところ、かなり多くの人たちの間で増加が見られた。スイマーの多くは、深部体温(脳や内臓など、身体中枢部の体温)が34度程度にまで下がっていたという。 また研究では比較群として、プールの隣で太極拳を行っている人たちのRBM3も調べた。太極拳の人たちは低体温にもなっておらず、RBM3の増加も見られなかった。つまり、水の中にいる際に体が冷えることが、人間の体内でのRBM3生成を促したと考えられている。 ===== 低体温のリスクは高く、認知症治療には不向き RBM3は、冬眠する哺乳類に見られる物質だ。マルッチ教授がBBCに話したところによると、クマやハリネズミなどは冬眠する際、エネルギーを蓄えるために、シナプスの20~30%を「間引き」する。しかし春になって目覚めると、シナプスが再建されるのだという。 マルッチ教授は2015年、科学誌「ネイチャー」に対し、このシナプス再建の役割を果たすのが、RBM3だと説明していた。RBM3が認知症の発症を遅らせるカギになるのではと期待されているのはそのためだ。 ただし、BBCによるとマルッチ教授は、低温状態は恩恵よりもリスクの方が高いため、冷水に入ることを認知症の治療にはできないと説明し、警告している。冷水に入ると、心拍数と血圧が急激に上がり、心臓発作や脳卒中を引き起こす可能性がある。 そのため研究チームは、まずはRBM3が実際に認知症の発症を遅らせることをはっきりと証明した上で、RBM3の生成を促す薬を見つけることを目指すという。 マルッチ教授は、たとえわずか数年であれ認知症の発症を遅らせることができれば、経済的にも健康面でも、人口全体として大きな恩恵があると話している。 Could cold water swimming help to cure dementia? | 5 News