ローマ教皇フランシスコは、同性カップルはパートナーシップ制度「シビルユニオン」によって法的に保護されるべきとの見解を明らかにした。 21日にローマ国際映画祭で初上映されたエフゲニー・アフィネフスキー監督作のドキュメンタリー「Francesco」の中で述べたもので、7年前の即位以来最も明確に同性カップルの権利を擁護する姿勢を表明した。 教皇は、「同性愛者は神の子であり、家族の中に存在する権利がある。(同性愛者であることによって)放り出されたり、惨めな状況におかれたりすることがあってはならない」と語った。 さらに、「シビルユニオン法の制定が必要だ。それにより彼らは法的に保護される。私はこの法律の施行を擁護してきた」と述べた。 この発言は、ブエノスアイレス司教時代への言及とみられる。教皇は、同性婚を法的に認めることには反対する一方、同性カップルに何らかの法的保護を行うことには支持を表明している。 カトリック教会では、同性志向自体は罪ではないが、同性愛行為は罪と教えている。また、同性愛者は尊厳を持って扱われるべきとしながらも、同性婚には反対の立場を取っている。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・強行退院したトランプが直面する「ウィズ・コロナ選挙戦」の難題 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ