<パプアの牧師の死にはインドネシアの政治や人権の醜い実態が詰まっていた> インドネシア東端に位置するパプア州の山間部で9月19日にパプア人牧師が射殺された事件が発生してから1カ月。行き詰っていた真相解明を巡る調査で政府が任命・編制した「調査チーム」が10月21日、牧師射殺に治安当局が関与していた証拠を発見したと明らかにした。 政府側の調査チームが治安当局の関与濃厚との結論に達したことで、事件は当初から指摘されていた陸軍兵士による犯行の可能性が極めて強くなり、真相解明に向けて大きく進展した。 マフード調整相(政治・法務・治安担当)の指示で編成された政府の「調査チーム」による真相解明は治安当局のメンバーが含まれた人選などから「中立で公正な調査は期待できない」と人権団体やマスコミなどから批判を受けていた。 しかし、この「調査チーム」とは別に人権問題を専門に扱う大統領直轄の独立組織「国家人権委員会(Komnas HAM)」の調査団が独自に実態調査に乗り出した。 人権委は近く調査結果を発表するとしながらも「政府も治安当局も我々の独立した調査結果に耳を傾けるべきだ」として暗に「陸軍兵士の犯行」を示唆していた。 このため政府調査チームは先手を打つ形で「調査は終了し間もなく結果を公表する」と表明。犯行に関係した疑いが浮上していた治安当局の代表も加わった政府調査チームの結論に注目が集まっていた。 現地の協力なく不十分な調査で結論 9月19日にパプア州山間部のインタンジャヤ州ヒタディパ地区でパプア人のエレミア・ザナンバニ牧師が正体不明の男に射殺された。陸軍や警察は事件当時兵士や警察官は現場付近にいなかったとして「武装犯罪組織による犯行」を当初から強く主張していた。治安当局が「武装犯罪組織」というのは反政府抵抗組織「西パプア民族解放軍(TPNPB)」を示している。 これに対しエレミア牧師が所属するキリスト教会組織や地元メディアは、現場付近でTPNPBの掃討作戦を行っていた陸軍の兵士による射殺であると主張。真っ向から対立する見解となった。 このため政府主導の調査チームが派遣されたが、その人選に疑問を抱く現地教会組織は受け入れを拒否、現場付近の住民も山中奥深くに避難してしまった。このため政府調査チームは満足な調査、事情聴取もできなかったとされている。 ===== 「治安当局の関与の可能性高い」 21日に会見した政府調査チームを率いた国家警察の幹部も「事件の直接の目撃者から事情を聴くことができず、このためあらゆる可能性を考慮して調査を進めた」として調査が困難だったことを示唆した。 そのうえで「調査チームは42人から事情聴取を行うなどの調査を先週に終えた。その結果非常に意義のある証拠を発見した。間もなくそれに基づく本格的な事件捜査がはじまることになると思う」と述べたが、「意味のある証拠」について具体的な説明はなかった。 同じく会見したマフード調整相は「調査チームの集めた現場からの証拠と情報からは、治安当局の関与を高い確率で示す結論となっている」と述べた。ただし「依然として第三者が背後で牧師射殺に関係した可能性も残っている」と付け足すことを忘れず、歯切れの悪い発言となった。 治安当局関与を認めざるを得ない事態 マフード調整相や政府調査チームを率いた国家警察幹部は14日の会見で「治安当局関係者の牧師射殺への関与濃厚」との結果を公表したものの、同時に現地での調査中にチームのメンバーであるガジャマダ大学講師と陸軍兵士の2人がTPNPBからの発砲で負傷したことも明らかにした。 さらにエレミア牧師射殺事件前の9月17に発生した軍兵士と民間人の射殺事件についてはTPNPBの犯行であるとの結論に達したことも併せて公表した。 政府調査チームの会見ではこのように牧師射殺事件に関連してTPNPBの過去の犯行、調査チームへの銃撃事案をあえて強調することで、治安当局への直接の風当たりを弱めようとする意図があるものとみられている。 ただ、政府調査チームの2人が負傷するような銃撃があったのであれば、どうして襲撃犯の拘束、あるいは射殺をその場でしなかったのか。さらにその銃撃が事実とすれば「なぜそれがTPNPBの犯行」と断定できたのか。いずれも政府側の一方的な発表だけで情報の裏付けもできず、信憑性も問われている。 一方で、人権委の調査チームは現地キリスト教関係者やエレミア牧師の家族からも直接事情を聴き、政府調査チームの聴取に応じなかった住民や目撃者などからも貴重な証言を得たといわれている。 こうした人権委の動きと人権団体からの批判を受けて政府調査チームとしてもこれまで主張してきた「武装犯罪組織(TPNPBのこと)」犯行説をひっこめざるを得なくなったものとみられている。 これまでのこうした経緯から「政府調査チームへの信頼性失墜がひいては政府の信用が失われること」を危惧した結果として治安当局者の牧師殺害への関与を認める結論を出したのは間違いないといわれている。 今回のエレミア牧師射殺事件は、インドネシアの人権問題の暗部とその調査の不公正さ、そして治安当局によるパプアでの人権侵害の醜い実態を改めて浮き彫りにしたといえるだろう。 [執筆者] 大塚智彦(ジャーナリスト) PanAsiaNews所属 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からPan Asia News所属のフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など ===== 事件現場は急峻な山間地 事件現場は急峻な山間地 KOMPASTV / YouTube