フロリダ大学のマイケル・マクドナルド教授(政治学)らが運営するサイト「米選挙プロジェクト」の集計によると、米大統領選の期日前投票者数が約4750万人となり、2016年の前回選挙の同じ時点と比べて約8倍に膨らんだ。 投票日まで12日を残し、16年の期日前投票の合計(4720万人)も上回った。 多くの州は、新型コロナウイルス流行に対応し、有権者の安全のために郵送を含めた期日前投票を拡充している。 全米の世論調査では民主党候補のバイデン前副大統領が支持率で、再選を目指すトランプ大統領をリードしているが、激戦州では接戦の様相となっている。 マクドナルド教授は、最終的な投票者数が過去最大の1億5000万人となり、有権者総数に占める投票率は65%と、1908年以降で最高になると予想している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・強行退院したトランプが直面する「ウィズ・コロナ選挙戦」の難題 ・巨大クルーズ船の密室で横行する性暴力