<オーストラリアに建設される世界最大の太陽光発電所で発電した電力を東南アジア地域に供給するという壮大なプロジェクト「オーストラリア-アセアンパワーリンク」が、着々と進行している......> 豪州に建設される世界最大の太陽光発電所で発電した電力を世界最大のバッテリーに貯蔵し、世界最長の海底電力ケーブルを通じて東南アジア地域にこれを供給するという壮大なプロジェクト「オーストラリア-アセアンパワーリンク(AAPL)」が、着々と進行している。 世界最大1万2000ヘクタールの太陽光発電所 投資額が220億豪ドル(約1兆6400億円)にのぼるこのプロジェクトでは、豪州北部ノーザンテリトリー(NT)のダーウィンとアリススプリングスとのほぼ中間に位置する「ニューキャッスル・ウォーターズ」に、世界最大となる1万2000ヘクタールの10ギガワット(GW)の太陽光発電所を建設。雨季の影響を受けづらく、太陽光発電に適したエリアであることに加え、鉄道輸送をはじめ、既存の物流インフラを活用しやすいことなどから、この地が選ばれた。 「ニューキャッスル・ウォーターズ」で発電した電力は750キロ北のダーウィンに設置される世界最大の30ギガワット時(GWh)の電力貯蔵施設に送られた後、ダーウィンとシンガポールを結ぶ3711キロメートルの高圧直流(HVDC)海底送電ケーブルを通じて、シンガポールに供給される。これによってシンガポールの電力需要の約20%がまかなわれ、豪州は一連の電力輸出で年間20億豪ドル(約1490億円)を得る見込みだ。 オーストラリアからシンガポールまで送電ケーブルを結ぶ このプロジェクトを牽引しているのは、豪シドニー郊外のピアモントを拠点とするスタートアップ企業「サン・ケーブル」だ。2019年11月には、豪州の著名な実業家である鉄鉱石メーカー「フォーテスキュー・メタルズ・グループ」の前CEO(最高経営責任者)アンドリュー・フォレスト氏や、ソフトウェア開発企業「アトラシアン」の共同創業者マイク・キャノンブルックス氏がこれに出資。豪州政府も2020年7月にこのプロジェクトを「主要プロジェクト」として認定し、後押ししている。 2027年までにシンガポールへの電力供給を 「サン・ケーブル」では、2027年までにシンガポールへの電力供給を開始することを目指しており、オーストラリア放送協会(ABC)によれば、2023年後半までに着工し、2026年までには「ニューキャッスル・ウォーターズ」で太陽光発電が開始される見込みだ。 World's largest solar farm could help power Singapore from NT desert | ABC News