<中国の山東省青島市で、冷凍食品の外装から活性状態の新型コロナウイルスが検出されたことが明らかになった。10月中旬に集団感染が発生しており、冷凍食品の外装に付着したウイルスが感染源である可能性が疑われている......> 冷凍タラの外装から感染力のある新型コロナ検出 中国の山東省青島市で、冷凍食品の外装から活性状態の新型コロナウイルスが検出されたことが明らかになった。いわゆる「コールドチェーン」(生鮮品などを低温に保ったままでの物流)の中でも新型コロナウイルスが生き延びられることを示唆している。 これまでは、食品そのものや食品の外装に付着した新型コロナウイルスから感染することはないとされていたが、青島市では10月中旬に集団感染が発生しており、冷凍食品の外装に付着したウイルスが感染源である可能性が疑われている。 英紙ガーディアンによると、中国疾病予防管理センター(中国CDC)は10月17日、青島市内で冷凍タラの外装から、活性状態の新型コロナウイルスが検出されたと発表した。冷凍タラがどこで作られたものかなどは分かっていない。 青島市では集団感染を受けて、900万人とも1100万人とも言われる規模で市民の感染テストを実施した。冷凍食品の外装から新型コロナウイルスが検出されたのも、この集団感染を調査していた一環だった。 ガーディアンによると、今回の集団感染により、青島市内では2カ月ぶりに感染者が出たことになる。感染源は港湾作業員2人と見られており、この2人から他の12人に感染が広がった。ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、作業員2人は外国から輸入された冷凍魚の積み荷降ろし作業をしており、これが感染の原因となった可能性が高いと中国当局は見ているようだ。 冷凍食品からウイルスの痕跡検出はこれまでも WSJによると、中国では6月、北京で再感染が拡大した際に、生鮮市場で輸入サケを扱っていた業者のまな板から新型コロナウイルスが検出された。これを受けて当局は、生鮮品や冷凍の肉や魚を扱うスーパーや倉庫、ケータリング業者を中心に検査を行った。 こうしたこともあり中国当局は9月には、外国から中国の港に到着した肉や魚など50万サンプル以上を抜き取り検査したという。その際、冷凍食品──ロシア産のイカ、インドネシア産やノルウェー産の魚など──の外装から新型コロナウイルスの遺伝子の痕跡が検出された。しかし感染力を保った状態でウイルスが見つかったのは、今回の青島市のケースが初めてだとされている。 ===== とはいえ、このような中国の対応には、懐疑的な見方も少なくない。国際食品微生物規格委員会(ICMSF)は9月、具体的な国名は出していないものの、輸入食品に対し新型コロナの検査などを行う国があると指摘した上で、食品が新型コロナ感染の危険性を持つとは考えにくいため、こうした対策に「科学的な正当性はない」と意見書の中で述べた。 またガーディアンは中国CDCの見解として、新型コロナウイルスに汚染された冷凍食品に触れたことが原因で、消費者が感染したという事実はないとしており、またそのような可能性も低いとみられる、と報じている。ただし、中国CDCは感染する可能性がゼロではないとの見方を示しており、青島市の住民の中にも、一時的に冷凍食品の輸入を禁止するよう求める声もあるという。 専門家でも異なる意見 世界保健機関(WHO)や米国疾病予防管理センター(米CDC)はこれまでも、食品そのものや食品の外装を介して新型コロナウイルスに感染するリスクは低いと明言してきた。 WHOはウェブサイトで、新型コロナウイルスは生きた動物またはヒトをホストとして増殖する必要があり、食品の外装の表面で増殖はできないと説明。パッケージの消毒は必要ないとし、それよりも、そうした食品を触った後や食事の前に手を洗うよう促している。 米CDCも、「物の表面での新型コロナウイルスの生存性は低いため、食品や食品のパッケージから感染するリスクは非常に低い」とウェブサイトに掲載している。 一方でWSJは、輸入された食品から新型コロナウイルスに感染することは、食品が低温で輸送された場合、理論的にはあり得ない話ではないという専門家の話を紹介している。 ただし感染させるには、感染者がくしゃみや咳などをして、感染に十分な量のウイルスを食品の外装に付着させる必要があること、ウイルスが壊れる前に輸入先に到着する必要があること、輸入先で荷物を処理した人がウイルスに触れた後に自分の顔に触れる必要があること、などを考慮すると、可能性としてはかなり低いとしている。 Living novel coronavirus isolated from imported frozen food packaging in Qingdao: China CDC