イタリア政府は25日、新型コロナウイルスの感染が再び急拡大していることを受け、感染予防のための行動規制を強化した。飲食店の営業を午後6時までに制限するほか、スポーツジムや映画館などを閉鎖する。 国内の新規感染者は25日、2万1273人と過去最多を記録。死者は128人だった。 コンテ首相は記者会見で、公衆衛生と経済の双方を守るための措置だと説明。向こう数週間に感染状況をコントロールできれば、穏やかなクリスマスを迎えられると述べ、協力を訴えた。 「行動規制を守って今月しっかり頑張れば、12月には再び安心できるようになる」とし、行動規制で影響を受ける事業への補償も確約した。 イタリアは一時、欧州で最も新型コロナ感染の打撃が大きかったが、最近ではスペインやフランス、英国の状況がより深刻になっている。ただ、イタリアの感染率は急上昇しており、保健当局は警戒を強めている。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・フランスのコロナウィルス感染第二波が来るのは当然だった・・・・ ・巨大クルーズ船の密室で横行する性暴力