タイの最大野党・タイ貢献党のソムポン党首は26日、反体制デモへの対応を協議する臨時国会で、プラユット首相に辞任を求めた。 同国では、学生を中心とするデモ隊が、首相の辞任や憲法改正、王室改革を求める抗議活動を繰り広げている。 ソムポン党首は国会で「首相が国にとって大きな障害、重荷になっている。どうか辞任してほしい。そうすればすべてがうまく行く」と述べた。 タイ政府は今月15日に集会などを禁止する非常事態宣言を発令したが、抗議活動は逆に激化。バンコクで大規模な抗議デモが行われおり、プラユット首相が臨時国会を招集した。 首相は臨時国会の冒頭演説で「政治的な意見は様々だが、誰もがこの国をまだ愛していると確信している」と表明。 ただ、野党や抗議活動の指導者は、臨時国会の招集で混乱が収拾する可能性は低いとの見方を示している。 デモ隊は、現地時間午後5時(日本時間午後7時)からドイツ大使館までデモ行進を行う予定。ワチラロンコン国王はドイツに滞在することが多く、デモ隊はドイツ政府に国王の権力の行使について調査を求める方針を示している。 ドイツ政府は、タイの国王がドイツ国内から政治活動を行うのは容認できないとの立場を示している。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・聖域「王室」にも迫る タブーに挑むタイ若者の民主活動 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ