米カリフォルニア州南部で26日に発生した山火事により近隣の住民約6万人に避難命令が出た。州内の他の地域では強風のため火災の危険が高まっており、電力供給が停止されている。同州の山火事被害は今年、過去最悪の規模になっており、年初以降の焼失面積は160万ヘクタールに拡大、数千戸の住宅が破壊され、31人が死亡している。同州の消防当局によると、同州の大部分に山火事が発生する恐れのある強風警報が出されている。ロサンゼルス近郊のオレンジ郡で26日早朝に発生した山火事は一気に広がり、昼ごろまでに同郡の約810ヘクタールを焼き尽くした。これまでのところ負傷者や建物の損害は報告されていない。米電力会社PG&Eは、カリフォルニア州の34郡で強風による火災発生リスクが高まっており、予防措置として、州中部と北部で35万を超える世帯・事業への電力供給を停止したと発表した。26日昼ごろまでには、安全と判断される地域で一部の顧客への電力供給が再開された。風が弱まるにつれ、大半の地域で27日夜までに供給停止措置が解除される見通しという。*内容を追加しました。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・ロシア開発のコロナワクチン「スプートニクV」、ウイルスの有害な変異促す危険性 ・巨大クルーズ船の密室で横行するレイプ