<2016年の大逆転劇を支えたのは民主党支持者が多い黒人の投票率の低さだった。今年も同じシナリオを望むのは厳しそうだ> 米大統領選は投票日の11月3日に向け、最終盤戦に突入した。支持率で民主党のジョー・バイデン候補にリードされる共和党のドナルド・トランプ大統領は、「2016年の大統領選の大逆転劇よ、もう一度」とばかり、接戦が予想される激戦州を精力的に遊説中だ。 その激戦州のなかでも、前回の大統領選でトランプの勝利を決定づけたペンシルベニア州が今回も勝敗の鍵を握ると見られている。 トランプがペンシルベニア州で勝利するには、同州最大の都市フィラデルフィアで黒人有権者の多くが棄権する必要があると、ブッシュ父子の選挙参謀を務めた政治コンサルタントのカール・ローブは言う。 米政治情報サイト「リアル・クリア・ポリティクス」が算出した世論調査の平均を見ると、今のところペンシルベニア州でもバイデンがトランプをリードしている。 2016年の大統領選では、重要な激戦州をはじめ全米の多くの州で、黒人の投票率が2012年より低かった。トランプが僅差で民主党のヒラリー・クリントンに勝てたのは、そのおかげだとアナリストらは指摘する。ちなみにバラク・オバマ前大統領は2008年と2012年のいずれの大統領選でもペンシルベニア州で勝利している。 共和党支持の黒人はわずか 黒人有権者は民主党の重要な支持基盤とみなされている。民主党の予備選でバイデンが勝てたのも、黒人票をつかめたからだ。ローブによれば、トランプがペンシルベニア州で勝つには、フィラデルフィアで黒人の投票率が「2016年レベル」にとどまることが必須だ。 トランプがペンシルベニア州で勝つには「3つの条件」が必要だと、ローブはFOXニュースの番組で28日に語った。「フィラデルフィア、特に黒人住民の多い地域で、黒人の投票率が低いこと、2016年にトランプが勝った州内の選挙区を今回も押さえること、そしてそれらの選挙区でバイデンに大きく差をつけることだ」 コーネル大学ローパー世論調査センターの調べでは、2000年以降、黒人有権者の91%が民主党の大統領候補に投票してきた。共和党の候補に投票した黒人は8%だけで、2016年にクリントンが敗北したのは多数の黒人有権者が棄権したためだと見られている。 「オハイオ、ペンシルベニア、ノースカロライナ各州、そして特にウィスコンシン州では、2016年に黒人の投票率が低く、加えて多くの場合、白人の投票率が上がる傾向があった。そのため2012年における(民主党の)優位が2016年には失われるか、逆に(共和党に)有利に働いた」と、ブルッキングス研究所は米国勢調査局のデータを基に分析している。 ピュー・リサーチセンターによれば、全米規模でも2012年の大統領選では67%だった黒人の投票率は2016年には60%に低下していた。 ===== 世論調査分析サイト「ファイブサーティーエイト」はオンラインのアンケートツール「サーベイモンキー」による調査を分析し、2016年の「大統領選本選に投票した人の25%は黒人、中南米系、アジア系などのマイノリティだが、この層は棄権した人の42%を占めた。黒人有権者に絞れば、投票した人の11%、棄権した人の19%を占めた」と報告している。 2016年にトランプはペンシルベニア州では得票率0.7%の僅差でクリントンに勝った。つまりは、どの層であれ、投票率がわずかでも上下すれば、勝敗が変わり得るということだ。 トランプは、1863年に「奴隷解放宣言」に署名したエイブラハム・リンカーンを除けば、自分は黒人コミュニティーにとって歴代最高の大統領だと主張している。これには多くの反トランプ派があきれ、物笑いの種にしている。民主党支持者の多くはトランプを公然たる人種差別主義とみなしているからだ。ピューが先日実施した調査では、黒人有権者の89%が「どちらかと言えば」または「強固に」バイデンを支持すると答え、トランプ支持の割合は8%にすぎなかった。 もっとも、トランプの自画自賛も全く根拠がないわけではない。2018年に超党派の合意で成立した刑務所改革法案「ファースト・ステップ法案」に署名した実績があり、トランプは黒人票獲得のためにこれを大いにアピールしている。アメリカの刑務所にいる受刑者は、極端に黒人が多いからだ。 アメリカの人口に占める黒人の割合は13.4%にすぎないが、連邦刑務所の服役囚のおよそ33%が黒人だ。ピューの今年5月の調査によると、白人に比べて黒人は服役囚の割合が5倍多い。厳罰主義を改め、囚人の教育や社会復帰に力を入れる法改正は、黒人コミュニティーに大きな恩恵をもたらすと、トランプ支持の少数の黒人は主張している。