フランス警察によると、南部の都市ニースで29日、刃物を持った男が教会を襲撃し、3人が死亡、数人が負傷した。ニース市長はテロリスト攻撃との見方を示した。死亡した3人のうち、女性1人は首を切断されたという情報がある。 エストロジ・ニース市長はツイッターで、ノートルダム教会かその近くで刃物による襲撃があり、警察が容疑者の身柄を拘束したと述べた。 警察は、襲撃で2人の死亡が確認されたとしている。警察関係者は、女性が首を切断されたと述べた。仏政治家マリーヌ・ル・ペン氏も、この襲撃での首の切断に言及した。 エストロジ市長は記者団に、男が逮捕された後も「アラーアクバル(神は偉大なり)」と叫び続けていたと語った。 *内容を追加しました。[ロイター]Copyright (C) 2020トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます 【話題の記事】 ・パリ近郊で中学教師殺害、犯人はモスクワ出身の18歳 ムハンマド風刺画が関係? ・巨大クルーズ船の密室で横行する性暴力 規制線がはられ緊迫した事件現場。 RTV KLAN / YouTube