<アメリカとインドでは与党が民主主義の制約に反発し、利益追求を活動の基本とみなしている。ポンペオ米国務長官はクアッドを「共通の価値観を持つ活気に満ちた多元的な民主主義国家」で構成されていると語ったが> 米カーネギー国際平和基金のアシュリー・テリスは9月下旬、インドのニュースサイト「ザ・プリント」でまっとうな説を展開した。インド政府が今後も国のリベラルな性格を損なう政策を取り続けるなら、他の民主主義国との連携が難しくなるだろうというものだ。 テリスの主張には、もう1つ加えるべき要素がある。10月初めに、オーストラリア、アメリカ、インド、日本の外相が東京で日米豪印戦略対話(クアッド)の外相会議を開いた。だがクアッドのリーダー格であるアメリカでも、自由民主主義が衰退の兆しを見せている。 訪日したポンペオ米国務長官は、クアッドは「共通の価値観を持つ活気に満ちた多元的な民主主義国家」で構成されていると語った。以前なら事実だったかもしれないが、今ではかなりただし書きが付くポイントだ。 クアッドのうちインドとアメリカは、本来の国家の理想に沿うことが難しい状況にある。両国の与党であるインド人民党(BJP)と米共和党は、自国の憲法や政治的枠組みに懐疑的だという意味で「反体制政党」だといえる。 この2つの政党は、ポンペオの言うクアッドの価値観を本気で重視していない。米共和党は民主主義では今回の大統領選に勝ち目がないと見越して、民主主義体制の信用度を落とし、その円滑な運営を妨げようとしている。 選挙で勝っているBJPは、民主主義に挑戦する理由はない。しかし、この政党は元来、リベラルではない。憲法に対しては懐疑的で、立憲主義が設けた制限を軽視する傾向がある。BJPはインド建国の理想と相反する価値観の下で台頭してきた。 そのため米共和党とBJPは、自国の他の政党より実は中国共産党との共通点のほうが多い。共産党のように完全に国を支配しているわけではないが、民主主義の制約に反発しており、露骨な利益追求を活動の基本と見なしている。 この点はクアッドにどこまで影響するのか。「共通の価値観を持つ活気に満ちた多元的な民主主義国家」という言葉は、うたい文句にすぎず、本当に重要なのはクアッドが守ろうとしている現実の問題なのか。つまり大事なのは、価値観より利害なのだろうか。 クアッドの4カ国は、中国について共通の懸念を抱いている。国際交流の自由と平和的共存に役立ってきた規範への脅威だと考えている。 従ってクアッド全体の利害は、その規範を弱体化させる中国の力を抑えることにある。しかし、そうして守られるべきリベラルな国際規範は、本質的にはリベラルな国内規範と一体のはずだ。 ===== だから、価値観と利害は切り離せない。国の価値観は利害につながるものだからだ。クアッドがインド太平洋地域で秩序を維持する枠組みであるためには、単に反中国を掲げるだけでは十分ではない。メンバーの4カ国は、自由民主主義社会の推進を口にするだけでなく、身をもってその社会を体現する必要がある。 間もなくアメリカは、自由な民主主義社会か、より独裁的な統治かを選択する機会を迎える。前者を選べば、オーストラリアと日本は安堵するだろう。この2国は安全保障のパートナーに、より安定していて一貫性があり、イデオロギーの近い国を求めている。 そうなれば、BJPも独裁的傾向をむき出しにはできない。クアッドはより信頼できる形で相互利益に向けて歩むことができるだろう。 From thediplomat.com