<ノア曰く「コメディーは苦い薬を飲み下すためのスプーン1杯分の砂糖」だが、今年はかつてないほど「薬」が多いと言う> 今年の大混乱の文脈を読み解くのに誰よりも適したコメディアンがいるなら、それはトレバー・ノアだ。 政治風刺番組『デイリー・ショー』の司会者で南アフリカ出身のノアは、新型コロナウイルス危機からBLM(ブラック・ライブズ・マター=黒人の命は大事)運動まで、外出がままならないなかで現状を理解しようとする視聴者を代弁してきた。 物事がうまくいっていないときこそ、最もリラックスして番組に臨めると、ノアは言う。「自分の出来具合は二の次。大切なのは視聴者に情報を伝えながら、笑いを忘れない率直な番組を作ることだ」 米大統領選が迫るなか、ノアいわく、右派と左派の意見はある点で一致している。「ソーシャルメディアが緊張をあおり、憎悪をかき立て、現実のニュアンスを反映しない狭い世界に人々を隔離していると、誰もが考えているはずだ」 一方で、今年は「思い込まされてきた以上に私たちはつながり合っていて、社会の最脆弱層を引き上げればより多くのことができる」と教えられたとも感じている。そう語るノアに、ライターのH・アラン・スコットが話を聞いた。 ◇ ◇ ◇ ──政治的であることがコメディアンの義務か。 コメディアンの義務はジョークを語ること。妙な話だが、ジョークの義務は真実を伝えることだ。コメディーは苦い薬を飲み下すためのスプーン1杯分の砂糖で、今年はかつてないほど「薬」が多い。 ──早くスタジオ収録に戻りたい? 本当にラッキーなことに、私たちは自宅にいながら番組を制作できる。いま考えるのは米大統領選のこと、新型コロナ、BLM運動、雇用のこと、人類の歴史の中で最高に異常な時代に人々が正気を保つ力になるために、何ができるかということだ。 ──BLM運動に反アパルトヘイト(人種隔離政策)運動との共通点はあるか。 南アフリカにおける自由を求める闘いは、有色人種に平等な権利を保障するための闘いだった。アメリカでも始まり以来、黒人は同じものを求めて闘っている。 ──ドナルド・トランプ米大統領はコメディーに影響を与えているか。 大きな影響とは思わない。むしろ、トランプはニュース報道を完全に取り込み、誰もが常に彼の話をしている。それはいいことではない。ほかの多くの問題が見過ごされているということだから。 <2020年11月3日号掲載> =====