<ワクチンはすぐできる、感染拡大は医師の金儲けなど、口だけで何も対策を取らないうちに、アメリカの1日の新規感染者数はついに世界一になり、10万人が目の前に> 大統領選挙の投票日までには新型コロナウイルスのワクチン摂取を受けられるようになる――アメリカのドナルド・トランプ大統領とその側近たちは何カ月も前からそう主張してきた。だが11月3日の投票日を目前に、専門家らはこの主張も選挙目当ての虚偽の公約だったのではないかと指摘している。 トランプやコロナ対策責任者であるマイク・ペンス副大統領が、コロナワクチンは「まもなく」手に入ると言い始めたのは3月第1週のことだった。だが投票日を目前にした10月30日、アメリカは1日あたりの新規感染者数で世界最多を記録。同じ日、米国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・ファウチ所長を初めとする専門家からは、ワクチンは投票日には間に合わないだろうと指摘する声が上がった。あるワクチンの研究者はトランプの公約について「恐ろしい」と言った。 トランプは9月7日、「ワクチンはまもなく手に入る。大事な日に間に合うかも知れない。何の日のことかは分かるだろう」と述べるとともに、米食品医薬品局(FDA)や米疾病対策センター(CDC)の専門家が政治的な意図から投票日に間に合わないように工作していると批判した。 名付けて「ワープスピード作戦」 ワクチンの早期実用化に向けトランプ政権は光より速い「ワープスピード作戦」をぶち上げたが、ファイザーなどの製薬会社は9月上旬、安全性確保のためには臨床試験に時間をかける必要があるとの立場を表明。医療関係の研究機関、米スクリプス研究所のエリック・トポル教授(分子医学)も、投票日までにワクチンを流通させるというトランプの公約は「ほぼ実現不可能」と指摘した。ちなみにファイザーは10月、ワクチンの緊急許可申請は11月後半以降になると明らかにしている。 テキサス小児病院ワクチン開発センターの共同所長を務めるピーター・ホテズは8月、ワクチンの接種規模を臨床試験の数十人からいきなり3億人の全アメリカ国民へと拡大できると思うのはばかげていると指摘。「『ワープスピード作戦』からはほとんど意義など感じられないし、それが現実になったらかえって恐ろしい」と彼は述べた。 トランプは投票日前のワクチン実用化を実現できなかった場合の責任を、多くの専門家に転嫁してきた。FDAやCDCのロバート・レッドフィールド所長(『混乱している』とトランプから批判された)の他、「ディープステート(闇の政府)」もやり玉に挙げた。 11月30日にはミシガン州での遊説で、医師たちが新型コロナによる死者数を過大報告して金儲けしようとしていると言い出して医師を敵に回した。 ===== 新型コロナウイルス感染により一時入院したトランプは退院した10月5日、ワクチンについてこう述べた。「選挙の前には入手できるべきだと思う。だが実のところ、政治が介入してごまかそうとしている。(それでも)選挙後すぐに出るだろう」 感染症の専門家でCDCの元所長であるトーマス・フリーデンは、ワクチンがすぐ手に入るかのような発言をトランプが続けていることを強く批判。故意に嘘の情報を流せば恐ろしいことになると警告した。 「コロナを止められるものが1つある。私はこれまで何カ月もそんなものはないと言ってきたが、1つだけある。それはマスクではない。移動制限でもない。ステイホームでもないし検査でもない。追跡調査でも人との接触を避けることでも隔離でもない。ワクチンですらない。それは信頼だ」とフリーデンはツイッターで述べた。 トランプ政権が元スタンフォード大学医療センター神経放射線学部長であるスコット・アトラスをコロナ対策のアドバイザーとして迎えた時は、十分な専門知識がないとしてフリーデンら世界中の多くの医師の批判の的となった。アトラスは感染拡大を深刻に捉えるメディアを「ヒステリー」と非難。また、ワクチンの実用化には時間がかかるというファウチの発言に異議を唱え、「自然な集団免疫」を目指すべきだと主張した。 FDAが臨床試験を妨害? CDCは11月15日までにワクチン接種が可能な態勢を各州が整えるよう求めているが、それまでにワクチンが接種可能になるというのは希望的観測に過ぎないとの声も聞かれる。米公共放送NPRは31日、ワクチンの緊急使用を認めるかどうかはFDA次第だが、そもそも臨床試験の最終段階にあるアメリカの4社のうち申請したところは1社もないと伝えている。 「FDAはディープステートか誰かの差し金で、製薬会社がワクチンや治療薬の試験のための人集めを妨害している。連中は明らかに、(臨床試験の)結果を遅らせて11月3日より先にしようとしているのだ。スピードと命を救うことに注力しなければならないのに!」とトランプは8月22日、ツイートした。 その実、トランプがコロナ対策としてやったことといえば「ワクチン詐欺」と新型コロナを過小評価することぐらい。ついにアメリカでは30日、新たに確認された感染者数が9万9321人となり、1日あたりの新規感染者数としては世界最多となった。これまでの最多記録は9月17日のインド(9万7894人)だった。10月に入りアメリカでは30州で1日あたりの新規感染者数の過去最多を記録していたが、30日にはアイオワ州も加わって31州となった。