<日本のGo To Eatに似た外食産業への支援策「Eat Out Help Out」(外食をして支援しよう)キャンペーンがイギリスで行われていたが、新たに発生した新型コロナのクラスターのうち、8~17%は同キャンペーンに起因するものだった...... > 利用者が多い地域ほど感染者増加 英国で夏の間に行われていた、日本のGo To Eatに似た外食産業への支援策「Eat Out Help Out」(外食をして支援しよう)キャンペーンは、英国における新型コロナウイルス感染症の第2波の一因となっていた──英ウォーリック大学は10月30日、このような調査結果を発表した。 同キャンペーンが新型コロナ感染拡大に与えた影響について調査を行ったのは、ウォーリック大学の経済学者、ティモ・フェッツァー准教授だ。報告書では、新たに発生した新型コロナのクラスターのうち、8~17%は同キャンペーンに起因するものだったとしている。 また、Eat Out Help Outのキャンペーンに参加したレストランでは、2019年と比べ来店者数が10~200%増加したことが分かった。しかしキャンペーン終了後にはレストランの客足も劇減したため、経済効果は長く続かなかったとも報告書は指摘している。 フェッツァー准教授は調査にあたり、参加レストランを検索できるプログラムにデータを提供している英国歳入関税庁(HMRC)のウェブサイトからのデータを使用。また、統計局から出される週ごとの新型コロナウイルス感染者データをもとにした。 同准教授はさらに、Eat Out Help Outと感染者数の多い地域との関連性を示すために、降雨データとグーグルのコミュニティ・モビリティ・レポートを分析。同キャンペーン展開期間中(8月の月~水)のランチタイムとディナータイムに雨が降った地域では、天気が良かった地域と比べてレストランの客足も減り、新規感染者も少なかったことが示されたという。 調査ではさらに、キャンペーン参加のレストランが多い地域では、キャンペーン開始から1週間ほどしてから、新規の新型コロナ感染者のクラスター発生が顕著に増加し、 キャンペーン終了に伴いクラスターの発生も著しく減少したことが分かった。 費用対効果に疑問 Eat Out Help Outは、新型コロナ感染症から打撃を受けた外食産業を支援する経済策として、8月の月~水に対象の飲食店で食事をすれば、飲食代(アルコールを除く)の最大50%分を政府が負担するというものだった(上限1人10ポンドの制限はあるが、利用できる回数に上限はない)。 フェッツァー准教授によると暫定値では、参加店舗は8万4000店で1億食分近くが支援され、平均の申請額は5.25ポンド(約700円)だった。 フェッツァー准教授は、今回の調査から、Eat Out Help Outと新型コロナの新規感染には因果関係があることが示唆されたと述べた。さらに、政府が助成金を出して第2波の一因を作った「見せかけだけの経済」(一見経済的かのように見せて結局もっとお金がかかること)であった可能性がある、と厳しい言葉で表現した。 ===== 同准教授はこうしたことから、Eat Out Help Outよりも、一時帰休制度(新型コロナで働けなくなった人の賃金を80%まで政府が負担するもの)の延長や疾病手当の増額、給食の無料化などの方が費用対効果があったと結論付けている。 新型コロナウイルスへの政府の対策データをまとめている、オックスフォード大学のプロジェクトの責任者トビー・フィリップス氏は英スカイニュースに対し、フェッツァー准教授の調査は自分の研究結果と一致していると話した。フィリップス氏はまた、夏の間に「出かけろ」と働きかけ、翌月には新たな外出規制が実施されるといった「振り子の揺れ」のような政策では、長期間ウイルスと生きていかなければならない状況の助けにはならない、と述べた。 第2波を受け英国は再びロックダウンへ なお英国では、11月5日から12月2日までの予定で、再びロックダウンに入る。ボリス・ジョンソン首相が10月31日に行った記者会見では、今回は3月のような「フル・ロックダウン」にはならないと説明。「今厳しい措置を取れば、国のすべての地域で家族が一緒にクリスマスを過ごせるようになる」と国民に訴えた。 今回のロックダウンは、在宅で仕事ができない人や医療、育児や教育関連、屋外での運動、生活必需品の買い出しなどを除き、自宅内にとどまることが求められる。同じ世帯以外の人とは、屋内や個人宅の庭で会うことは許されていないが、屋外の公共の場所でなら会えることになる。 飲食店は閉店となるが、テイクアウトや宅配はアルコール類を除き提供が許される。また、前述の一時帰休制度は当初10月31日で終了の予定だったが、12月31日まで延長することになったとボリス首相は会見で述べている。 同首相はまた、現在は新型コロナのテストが安価で信頼性が高いこと、さらには来年の第1四半期にはワクチンができる現実的な希望があることを挙げ、来年の春にはかなり状況はよくなっているはずだと、楽観的な見通しを述べた。 >Boris Johnson announces new one-month lockdown for England