<EXOのレイらの朝鮮戦争をめぐる発信に韓国ネット民が激怒。国内での活動禁止を求める請願に支持が集まっている> 世界的人気を誇るK-POPグループ、BTS(防弾少年団)のメンバーが朝鮮戦争における米軍の貢献を称賛して中国国民の猛反発を浴びたのは10月上旬のこと。それを機に沸き起こった中韓両国のネット世論の対立が、一段と激しさを増している。 中国にとっての朝鮮戦争は、北朝鮮を支援して米韓の侵略を防いだ戦い。参戦70周年の10月25日を前に、EXOのレイや元PRISTINのギョルギョン、宇宙少女のソンソなど韓国で活躍する中国出身のK-POPアイドルが70周年記念のメッセージを相次いでSNSに投稿した。 これを歴史の歪曲に加担する行為と受け止めた韓国のネット民の怒りが爆発。政府への要望を書き込める大統領府の「国民請願掲示板」に、彼らの韓国での活動を禁じるよう求める請願が掲載され、多くの署名を集めている。 今のところ両国政府とも静観しているが、朝鮮戦争をめぐる歴史認識は中韓の新たな火種となるかもしれない。 <2020年11月10日号掲載>