<ずっと自室から出ることがなく、親もその姿を見ない――勝手なイメージが広がっているが、日本に100万人いる引きこもりの現状は多種多様だ> 『コンビニは通える引きこもりたち』(久世芽亜里・著、新潮新書)の著者は、1994年から引きこもりなどの若者の支援をしている「認定NPO法人ニュースタート事務局」のスタッフ。訪問活動と共同生活寮の運営が同法人の業務の中心で、これまでに1600人以上を支援してきたという。 本書ではそんな経験に基づき、引きこもりと彼らを取り巻く状況について説明している。 ところで「引きこもり」という言葉を聞いて多くの人は、「ずっと家の中にいて、外に出ない人」を思い浮かべるのではないだろうか? 正直なところ、私の中にもそんな印象が少なからずあった。 ところが著者によれば、それは間違いであるようだ。だとすれば、勝手なイメージと乖離した"リアルな"引きこもりの実態とはどのようなものなのだろうか? アキラ君(仮名)は現在22歳。小さい頃から人間関係が苦手で、友人があまりいないタイプでした。大学に入って間もなく不登校になり、そのまま中退。その後何もしないまま、約3年が過ぎています。両親は働いているので、日中は家で1人。昼頃に起きて、家にあるものを食べながら、リビングでテレビなどを見ています。 両親が帰宅する夕方頃からは、自室でパソコンに向かい、ゲームをしたり動画を見たりして過ごします。廊下で親と顔を合わせて話しかけられると、普通に返事もします。家族が寝静まってから用意してある夕飯を食べて、そのまま夜中までパソコンです。バイトしてみたらと親には言われるのですが、一度も働いた経験がなく、応募する勇気も出ません。週に何度かは近所のコンビニに行き、もらっている小遣いでお菓子や飲み物を買います。たまに電車に乗って、少し遠くまで服などを買いに行くこともあります。年に2、3回は、好きなアイドルのコンサートに出かけます。(11~12ページより) これは特殊な例ではなく、よくいる引きこもりの生活。統計上でも、引きこもりと言われている人の9割弱は、近所のコンビニ程度の外出はできているのだという。 ずっと自室から出ることがなく、親が部屋の前まで食事を運び、食べ終わったら食器を廊下に出しておく。親もそれを取りに行くだけで、何年も我が子の姿を見ていない――。 外出はできて、買い物時には店員と必要最低限の話はし、道端であった近所の人とも挨拶程度はするけれど、親しく会うような友人はいない――。 どちらも引きこもりと呼ばれる人たちのあり方だろうが、一般的には前者を思い浮かべる人が多いのではないか。しかし実際の引きこもりは、後者のタイプが大半だというのだ。さらに言えば、かつての引きこもりに見られたような暴力を振るタイプも少ない。 ===== きっかけは不登校というイメージも誤り また、引きこもりのきっかけは不登校だというイメージも根強いが、それもまた違うそうだ。引きこもりの相談で一番多いのは、「学生時代はなんとかやってこられた。就職やバイトの経験も少しはあるが、うまくいかずにやめてしまい、結局引きこもった」というケースだというのである。 だとすれば若い人と同じように、年齢を重ねた人たちが似たような道筋をたどったとしても不思議ではない。事実、"高年齢引きこもり"も増えている。 ハジメさん(仮名)は現在50歳。大学を卒業し、バブル期に就職しました。仕事内容はかなりブラックだったようで疲れ果て、7年後に一人暮らしから実家へ戻ります。 今度は運転手として就職し、あまり残業もない仕事で13年勤めますが、ケガをして退職することに。その後は派遣社員として倉庫で働き始めます。ですが、派遣法が変わった影響で3年で雇止めにあいます。そこから5年間、仕事はしていません。(24~25ページより) 当初はまた職探しをしたものの、年齢制限に引っかかったり、面接で落ちたりと失敗続き。結局は、親への罪悪感を抱きながら引きこもることになった。 この年代の人たちの相談について著者が指摘しているのは、彼らに共通する"独特の閉塞感"だ。なにしろその親も高年齢なので、親が相談に出向くことが難しい場合も少なくない。 また、その下の世代にあたる40代は就職氷河期世代。ほとんどの人は希望の職に就けたという経験を持たず、時代の閉塞感をそのまま引きずっているということだ。 そしてもうひとつ。高年齢引きこもり以外で、著者がもうひとつ心配している「見えにくい問題」が、女性の引きこもりだ。 内閣府の調査では、女性の引きこもりは15〜39歳では36.7%、40〜64歳では23.4%、全体では29.6%が女性だということになります。私たちが受けている相談での女性の割合も、だいたい2割くらいですが、この2割には深刻なケースが多いのです。(28ページより) 引きこもりになった経緯や傾向もさまざまだが、特筆すべき点は母親との距離感。母親とやたらに仲がいい人、よすぎて束縛というレベルになっている人、甘えから暴言暴力に至っている人など、母親と適度な距離感を保てている人が少ないという。 それにしても、なぜ女性の引きこもりは少ないのか。興味深いのは、この点について著者が「仮説ですが」と前置きをした上で「家事手伝い」が関係している可能性があると指摘している点だ。 内閣府の調査でも、就労状況についての問いに「専業主婦・主夫」や「家事手伝い」と回答した人は、引きこもりに含めていないという。 つまり、男性なら引きこもりと呼ばれるようなケースも、女性だと家事手伝いとみなされる可能性があるということだ。ましてや仲がよ過ぎるのであれば、家族がそのことをさほど問題視しないことも考えられる。 ===== 引きこもり問題縮小化に向けた著者の提言 かように引きこもり問題は複雑で、引きこもっている人たちの年齢や考え方も多種多様。ましてや親の世代と彼らとの間には、社会との関わり方や価値観にも大きな相違がある。 また、これから先、引きこもりの人がさらに増えていくことも十分に予想される。決して極論ではなく、身内の誰かが将来的に引きこもりになることもあり得るだろう。 では、われわれは彼らとどう接していけばいいのだろう? なかなか答えが出そうもないこの問題について、著者は次のような意見を述べている。 引きこもりの問題はゼロにはなりませんが、100万人という現状からは脱することができるはずです。それには、引きこもりの多様化を認識し、支援の多様化を推し進めるとともに、生き方の多様化の定着が必要です。このスピードが、引きこもり問題縮小化のスピードにつながります。そのためには上の世代は子ども世代の生き方を否定しないことが大切ですし、スピードを速めるには上の世代から積極的に歩み寄り、認める必要があります。そうやって、時代の変化のスピードを速めるのです。(204~205ページより) もちろんそれは、決して簡単なことではないはずだ。 しかし、長く引きこもっている人の多くは、生きる途中でつまずき、動けなくなっている状態にある。だとすれば、そんな人たちに寄り添い、手を差し伸べることも必要ではないか。そして、彼らの生き方や考え方、失敗体験などを認め、受け入れることこそが必要ではないだろうか。 『コンビニは通える引きこもりたち』 久世芽亜里 著 新潮新書 (※画像をクリックするとアマゾンに飛びます) [筆者] 印南敦史 1962年生まれ。東京都出身。作家、書評家。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に「ライフハッカー[日本版]」「東洋経済オンライン」「WEBRONZA」「サライ.jp」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、「ダ・ヴィンチ」などにも寄稿。ベストセラーとなった『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)をはじめ、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)など著作多数。新刊は、『書評の仕事』(ワニブックス)。2020年6月、日本一ネットにより「書評執筆本数日本一」に認定された。